まいにち奈良づけ♪

奈良の話題を中心に、日々の出来事や制作の事などを気ままに綴っています♪奈良好きの方大歓迎です!
MENU

ピラミッドのような大型方墳だった!!『都塚古墳』(明日香村)

2   0

ここ数日ブログのアクセス数が急増!
気になったので調べてみると、「奈良 ピラミッド」という検索ワードで私のブログを訪問してくださっている方が多数おられるようでした。

恐らく訪問して下さった方は、今話題の『都塚(みやこづか)古墳』のことを調べようとして来られたと思うのですが、「奈良 ピラミッド」という検索ワードで辿り着くのは以前書いたこの記事→「奈良のピラミッド!?「史跡 頭塔」(奈良市)」です。(これを期に「頭塔」も注目されれば良いのですが^^)

目的の記事ではなくて残念に思われた方もおられるかもしれませんので、ちょうど2日前に見学に行ってきた『都塚古墳』の様子をお伝えしておこうと思います。

▼中央下寄りにあるのが『都塚古墳』です。
都塚古墳(明日香村)

この日は現地説明会も終わり、残念ながらすでに覆いがかけられていたので段状の石積みを確認することはできませんでしたが、雰囲気だけでもお伝えできればと思います!

石舞台古墳から徒歩5分程のところに『都塚古墳』があります


『都塚古墳』は蘇我馬子の墓とされている「石舞台古墳」の近くにあります。今まではあまり注目されていなかった古墳(「石舞台古墳」は見に行ったとしてもその先の『都塚古墳』まで行く観光客の方はあまりいない)ですが、現在は明日香村の中でも一番の注目度があるのではないでしょうか!?

▼古墳近くの案内板。
都塚古墳(明日香村)

▼案内板の所を東へ曲がると緩やかな坂があります。この坂の途中左手に『都塚古墳』が見えてきます。
都塚古墳(明日香村)

▼『都塚古墳』の姿が近くに見えてきました!
都塚古墳(明日香村)

▼到着!
都塚古墳(明日香村)

▼まずは説明板から。
都塚古墳(明日香村)

以下、説明板より。

都塚古墳(みやこづかこふん)

都塚古墳は、金鳥塚(きんちょうづか)とも呼ばれ、横穴式石室(よこあなしきせきしつ)に家形石棺(いえがたせっかん)を納めた、代表的な後期古墳である。墳丘(ふんきゅう)は30mの円墳(えんふん)あるいは方墳(ほうふん)と推定されるが、確定していない。石棺は、凝灰岩(ぎょうかいがん)の巨石をくり抜いたもので、前後左右に縄掛突起(なわかけとっき)をつくりつけた家形の蓋(ふた)部分と、遺骸(いがい)を納める身の部分からなる。かつて盗掘をうけたが、発掘調査の結果、鉄鏃(てつぞく)・刀子(とうす)・須恵器(すえき)などが出土しており、6世紀後半頃の築造と考えられる。



実際には今回の発見で

”ピラミッドのような段状の石積みを持つ一辺約40メートルの大型方墳だったことが分かった。(奈良新聞より)”

ので、この説明板の文章も近々更新されるのではないでしょうか!!
蘇我稲目の墓である可能性も高まり、今後も注目ですね。

墳墓の入口から石室内や石棺の様子を見ることも出来ます。


都塚古墳(明日香村)

鉄格子があるので古墳内に入ることは出来ません。

都塚古墳(明日香村)

▼縄掛突起をつくりつけた家形石棺。盗掘の跡でしょうか?蓋が開けられています。
都塚古墳(明日香村)

▼石室の天井部分。
都塚古墳(明日香村)

発掘現場は覆いがかけられていて(18日現在は)見ることが出来ませんでした



私が『都塚古墳』を訪ねたのは18日の朝7時30分頃でしたが、既に灰色のシートがかけられていて、残念ながらニュースで見られたような段状の石積みを確認することはできませんでした。

都塚古墳(明日香村)

この時の見学者は私を含めて5人程でした。現地説明会の日の長い行列が印象的でしたが、今はスムーズに見学できます。(石積みを見られないのは残念ですが^^;)

都塚古墳(明日香村)

▼足場がそのまま残っています。
都塚古墳(明日香村)

▼現地説明会では恐らくこの場所をじっくり見られたのでは?
都塚古墳(明日香村)

めくりたくてウズウズしましたが…我慢しました。(笑)

▼先ほどとは別の場所。ここでも石積みが発見されたのでしょうか?
都塚古墳(明日香村)

いきなり強い突風が吹いてシートがめくれないかな…

都塚古墳(明日香村)

なんて淡い期待も空しく…

都塚古墳(明日香村)

やっぱり、明日香村はいい所だなぁ…

都塚古墳(明日香村)

これぞ歴史ロマン!




p.s.
ここで小さなお知らせです。
ブログの写真をクリックしても今までは拡大写真を見ることが出来なかった(サムネイル化していなかった)のですが、前回の記事から画像クリックでより大きな画像を見てもらえるように仕様変更しました。
画像のアップロード容量に制限があるので、一回り程大きいだけの画像ではありますが…。気になる写真がありましたらぜひクリックしてみて下さい♪
関連記事

SHARE

2 Comments

カチャーチャン says..."No title"
この都塚古墳は以前から先室内の石棺が見えていることで知られていたのですがピラミット型の方墳とは驚きでした、形はすぐに頭塔を思い出しましたが・・・蘇我氏の勢力圏なのでおそらく蘇我氏関係の有力者と思ってはいましたが馬子の父親の名前が出てくるとは・・・渡来系氏族と思われる蘇我市に相応しいかもしれませんね。
2014.08.21 07:48 | URL | #- [edit]
ヨシノ says..."No title"
●カチャーチャンさん●

>形はすぐに頭塔を思い出しましたが・・・

朝ニュースをなんとなく聞いていた時。初めは頭塔の話しをしているのかと思いましたが、まさか都塚古墳もピラミット型だったとは本当に驚きですね!
もしかすると石舞台古墳もピラミッド型だったのでは?とも言われ始めたり…
稲目といえば丸山古墳など他にも候補にあがっていましたが、(やっぱりこちらは欽明天皇説が有力なのでしょうか?)今回の発見でまた様々な想像が膨らみますね!
2014.08.22 10:53 | URL | #Q1dH3vdw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mahono28.blog.fc2.com/tb.php/130-3c09e6a3
該当の記事は見つかりませんでした。