まいにち奈良づけ♪

奈良の話題を中心に、日々の出来事や制作の事などを気ままに綴っています♪奈良好きの方大歓迎です!
MENU

奈良が舞台のスーパーSFラブコメディ!!『コイ☆セント』

0   0

めちゃくちゃ今更ですが…ついに買ってしまいました。
平城遷都1300年記念作品として制作された、アニメ作品。

コイ☆セントのBlu-ray。

▼曲も素敵だったので、OP・EDが収録されたCDも一緒に買ってしまいました。
コイ☆セント コイセント

ストーリー

時は2710 年─。遷都2000年祭を迎える奈良。
歴史保存と観光化のため、文化財などの建物を取り入れた
超巨大ビルが並列して立ち並ぶ、そんな世界─。
高校2年生のシンイチは修学旅行で奈良を訪れていた。周囲はどこもシカ、シカ、シカ…。
うんざりするシンイチだったが、その時、突如白いシカがシンイチのカバンを奪って逃げてしまう。

奈良の街を激走する一人と一頭。
そんなドタバタの中、何者かに追われている謎の美少女トトを
知らないうちに助けてしまうのだった。
ひょんなことから、二人は奈良の名所を巡りデートをすることに…。

しかし、その最中トトを追っていた連中がシンイチたちを見つけてしまう。
さてはて、二人と一頭の運命は!?



監督の森田修平さんは大和高田市出身で、カップヌードルのCMで有名な「FREEDOM-PROJECT」の監督をされている方です。ですので、映像はハイクオリティー!ストーリーもテンポ良く楽しめます。(内容がかなり濃いので、個人的には倍くらいの尺のものも見てみたい^^)ボーイ・ミーツ・ガールの典型的な作品です。

ローマの休日のパロディ的な作品(シンイチの頭が大仏の鼻の穴から抜けなくなるシーンは、有名な真実の口のシーンのパロディだと思われる)ですが、キャラ設定などはジブリのパロディなのかな?と勝手に思ってみたり…

●シャチョウ・アニキ・オトウト→ドーラ一家?
●シャチョウ(個人)→湯婆婆?
●トトが建物から落下するシーン→シータが飛行艇から落下するシーン?

全然パロディじゃない可能性もあります…違ってたらごめんなさい^^;

挿入歌に柿本人麻呂の歌「玉坂 吾見人 何有 依以 亦一目見(←わざと原文で記載しています)」が使われているのですが、この歌のメロディーも素敵で、意味を知るとより一層この作品を楽しめるようになっています。

物語の舞台は今から700年程先の2710年。未来的でありながらも妙に懐かしい雰囲気の残っている奈良の不思議な世界観や、ロボットになった仁王像や大仏が動き回る様も必見です。そして何よりシカが大活躍!!
最後はほんのり甘酸っぱいです。

まだ観た事がない方は、機会がありましたら是非♪♪

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mahono28.blog.fc2.com/tb.php/152-237aca65
該当の記事は見つかりませんでした。