まいにち奈良づけ♪

奈良の話題を中心に、日々の出来事や制作の事などを気ままに綴っています♪奈良好きの方大歓迎です!
MENU

謎の石造物『亀石』と『亀店』(明日香村)

2   0

明日香村の各所に点在する"謎の石造物"の中でも、シンボル的存在として有名な『亀石(かめいし)』。
小学生の頃の遠足でも、今までの明日香観光でも何度も目にしてきましたが…

「そういえば亀石の裏側って見た事ないかも?」

と急に思い立ち、先日の小山田遺跡の現地説明会へ行った帰りに寄ってみることにしました。

亀石 亀店

明日香村の、のどかな畦道をしばらく歩いていると…

亀石 亀店

突如出現する謎の石造物『亀石』

亀石 亀店

『亀石』という名前がついていますが、実際に亀なのかどうなのかは不明なのだそう。
亀に見えるような、カエルにも見えるような、人の頭にも見えるような…

▼別角度。
亀石 亀店

『亀石』の大きさは、長さ3.6メートル、幅2.1メートル、高さ1.8メートル。重さは10トンを越すと言われており、花崗岩で出来ています。
存在は古くから知られていたようで、永久4(1116)年の「弘福寺寺領申請文書」には「字亀石垣内」との記述があるそうです。

▼案内板。
亀石 亀店

案内板には『亀石』にまつわる”伝説”が記されています。
亀石
亀石と呼ばれる石造物は、いつ何の目的で作られたのか明らかでないが、川原寺の四至(所領の四方の境界)を示す標石ではないかという説がある。

伝説
むかし、大和が湖であったころ、湖の対岸の当麻と、ここ川原の間にけんかが起こった。長いけんかのすえ、湖の水を当麻にとられてしまった。湖に住んでいたたくさんの亀は死んでしまった。何年か後に亀をあわれに思った村人達は、亀の形を石に刻んで供養したそうである。
今、亀は南西を向いているが、もし西を向き当麻をにらみつけたとき、大和盆地は泥沼になるという。

明日香村
飛鳥保存財団

『亀石』が西を向くと、奈良盆地が泥沼になるという…
なんとも不思議な伝説ですが、明日香村にはこのようなお話がそこかしこに散らばっているというのも魅力の一つですよね。

▼横側はこんな感じです。
亀石 亀店

wikipediaには以下のように書かれていました。

”亀石と呼ばれているが、顔が三角形であることや目が上に飛び出しているなど、亀というよりはカエルの特徴をとらえていると見る人もいる。上部が自然石のままで下部のみが加工されていることから、現在の下面が本来の上面で実は上下逆であったという説も奈良国立文化財研究所の報告書で出されてはいるが、有力視はされていない[3]。
下部には石矢の跡が見られるが、建造当初からあったものなのか酒船石のように後世になって石を割ろうとした跡なのかも分かっていない。もし当初から残された跡だとすれば亀石は未完成品であるとの証拠にもなり、後世に割られたとしたら本来は現在よりもかなり高さのある石だった可能性がある。”


亀石の下部に石矢の跡があるなんて、知らなかった…
今度行ったときはその部分もちゃんと写真におさめておきます!

そして、裏側…


亀石 亀店 裏

うん。裏側。
なんてことないですね^^;

でも『亀石 裏』って画像検索してもほとんどヒットしないので、貴重なショットかもです。

亀石の隣にある『亀店』


裏側も撮れたところで、亀石の隣にある休憩所で一休み♪
変わった野菜なども無人販売されていて、見ているだけでも面白いです。

亀石 亀店

▼ベンチに机、自販機もあります!
亀石 亀店

明日香観光の途中、ここでお茶を買ってお弁当を広げて食べるというのもいいかもしれませんね。

▼「食用ビート」や「クリームハーモニー」なる聞き慣れない品種の人参も販売されています。
亀石 亀店

▼「わらびもち」や「くずもち」の販売も。
亀石 亀店

しかしこの日は、売店の営業はされていない様子…
冬期は休業されているのでしょうか?

亀石 亀店

別のスペースにも無人販売の野菜や果物が並んでいます。

亀石 亀店

▼柑橘類が沢山!どれも全部100円です。
亀石 亀店

▼キリンビール開発のジャガイモが気になる…
亀石 亀店

キリンビール開発のジャガイモについて、「中身は栗のような黄色 食味最高」と書かれています。その下に書かれている文字は「キップパープル」と読むのでしょうか?
検索してもそのようなジャガイモはヒットしません^^;

やはり明日香は謎だらけの土地ですね。
関連記事

SHARE

2 Comments

カチャーチャン says..."No title"
亀石、昔は周りに何もなかったのですが今は柵に囲まれておとなりには売店も出来真後ろは家が建っていますが西を向くと大和が湖になる都の話は昔からよく聞きました。
唐子鍵遺跡が実際に人が住んでいた頃葉大和平野は湖だったとの節も有り山の辺の道はその湖の縁に沿って通っていた道との説も・・・大和は色々と面白いです、もちろん明日香村はその宝庫ですが・・・。
2015.01.24 10:12 | URL | #- [edit]
ヨシノ says..."No title"
●カチャーチャンさん●

私も亀石の伝説は前々からよく聞いていた話ですが、大昔は奈良盆地が湖だったというのは今現在からすれば何だか不思議な感じがしますね。

唐古鍵遺跡は湿地に作られた遺跡だったとかなんとか…どこかで読んだ記憶があります。山辺の道が湖に沿って通っていたというのも、よく聞く話ですよね!(私は実際にそうじゃないかと思っております^^)
縄文時代の遺跡も当時湖があった影響で奈良盆地内には存在しなかったのではなかったでしたっけ?(うろ覚え)

奈良盆地の水が、完全にはけたのはいつ頃のことなんでしょうね…?
水がはけた後もしばらくは湿った土地だったと思いますし、農業や生活様式など、土地の状態で様々変化があったのだろうかと勝手に想像してしまいます。
2015.01.26 08:54 | URL | #Q1dH3vdw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mahono28.blog.fc2.com/tb.php/161-669a72bc
該当の記事は見つかりませんでした。