まいにち奈良づけ♪

奈良の話題を中心に、日々の出来事や制作の事などを気ままに綴っています♪奈良好きの方大歓迎です!
MENU

南インド系辛口料理店!スパイシーカリー『タリカロ』(奈良市)

0   0

予約投稿にて失礼致します。
しばらくインドカレーネタが続くかも(でもやっぱり続かないかも)ですが、おつきあい下さい。

今日ご紹介するのは、激辛&インドカレー好きの私にとって是非とも一度は訪れておきたかった名店『タリカロ』さん!!
激辛好きな日本の方が経営されているお店で、「食べログのコミランキング」でもトップクラスのお店です。
私の仕事休みが基本的に月曜日なので、気になりつつもなかなか訪問できていなかったのですが…ようやく『タリカロ』のカレーを堪能することができたのでレポしておきます!(と言っても、お店に行ったのはもう何ヶ月も前のことになりますが;)

お店の外観・内観


以前は別の場所で営業されていたのですが、現在は近鉄奈良駅近くの椿井町に移転されています。

▼いかにもインドカレー店らしい黄色で書かれた文字と象の神様(ガネーシャ)のイラストが目をひきます。
南インド系辛口料理店 スパイシーカリー タリカロ

店名の由来について『タリカロ』店主さんのブログ「タリカロ店長の勝手に激辛カレー愛好会」でこんな記事を見つけたので転載させていただきます^^

”里香がタローを守りつつ、同じ気持ちでお互いを守りつつ、お互いに向上しがんばって行こうという意味で二人の名前を使ってお店のネーミングにしようということになり、タリカロになりました。

並びは、ゴロがいい感じだったのでタローがリカを挟む結果になりました。”

▼ヒンディー語かなにかかと思っていたら、経営者のお二人の名前が由来になっていたんですね〜!
南インド系辛口料理店 スパイシーカリー タリカロ

納得したところで、いざ出陣!

南インド系辛口料理店 スパイシーカリー タリカロ

▼お店の前にはこんな注意書きが。
南インド系辛口料理店 スパイシーカリー タリカロ

果たしてどんな激辛カリーが待っているのか!?

店内へ…

やや小さめの出入り口をくぐるようにして中に入り、玄関で靴を脱いで上がります。まるで誰かのおうちにお邪魔したような錯覚を起こしてしまいます。

▼懐かしく落ち着く雰囲気の店内。座布団席とカウンター席があります。
南インド系辛口料理店 スパイシーカリー タリカロ

▼お店の方に案内され、大きめのテーブル席を独り占め!
南インド系辛口料理店 スパイシーカリー タリカロ

奈良好きになる前までは一人で外食なんて考えられなかったけど…、今ではへっちゃらです(笑)

タリカロ・カリープレート(¥900)


色々と迷ったあげく、チキンが食べたかったので「タリカロ・カリープレート(辛口のチキンカリーのプレート)」を注文しました。

▼これが食べたかったんだ〜♪
南インド系辛口料理店 スパイシーカリー タリカロ

プレートの内容は以下の通り。

辛口チキンカリー、ダール(おまかせ豆カリー)、ライス、ポリヤル(南インドの副菜)、アチャール(インドのピクルス)、ヨーグルト(ライスに混ぜて食べる用)

+100円でライスを大盛りにすることもできます。

食べ方は事前に動画で学習してきました!

メニュー表にも「タリカロカレーの食べ方」が書かれているのですが、ネット上に分かりやすい動画がアップされていたので、事前に見てからお店に行きました。



ちなみに、メニュー表に書かれている「タリカロカレーの食べ方」は以下の通りです。

タリカロカレーの食べ方

お米が主食の南インドではプレートについている物は全てご飯のおかずであり、カリーはもちろんそうした副菜にいたるまでを全部ライスに混ぜて食べるのが、おいしい食べ方です。

まず、ライスの山を崩し、ついているカリーを一つ一つかけて味見をしたらライスに混ぜ、(チキンカリーの場合にはチキンをスプーンでほぐしてこれも混ぜる)
カリーもバシャっとかけて(カリーの器を手に持ってかけると良い)混ぜて食べる。
食べ進めるうちに、カリー同士をライスにかけて混ぜながら、美味しいバランスを見つけて食べる。
途中、アチャール、ポリヤル、ヨーグルトなどもライスに混ぜる(ここ重要)→パラダイス

パラダイス!!

味わってみたい!!

余談ですが、タリカロカリーに食べ方のルールがあること。知っていると何だか通っぽくて…
「ここのカレーはこうやって、ヨーグルトまでライスに混ぜて食べるのさ!!」(←誰?)
と誰かを誘って教えたくなる。
これも、お店が流行る一つの要因かもしれないですね〜。

▼こちらは、アチャールとポリヤル。
南インド系辛口料理店 スパイシーカリー タリカロ

▼ヨーグルト。
南インド系辛口料理店 スパイシーカリー タリカロ

▼チキンカリーのチキン。
南インド系辛口料理店 スパイシーカリー タリカロ

チキンについて、メニュー表の注意書きには以下のように書かれていました。

ご注意
写真の一見タンドリーチキンの様に見える物は、チキンカリーの具としてのチキンです。
カリーの器に入りきらないので盛り付けとして、外に出しているだけ。
ちなみに、当店ではタンドリーチキンやナンは扱っておりません。


確かに、一瞬タンドリーチキンかと思いました^^;

▼カリー単品を味見したら…早速ライスにかけて混ぜ混ぜ!!
南インド系辛口料理店 スパイシーカリー タリカロ

辛い!!!

…そして、うまい!!!

インド人の方が経営されているカレーとはまた違った味わいです。
(それらに比べると)味は若干薄めで、とろみが少ないしゃぶしゃぶしたタイプのカリーです。
辛さは確かに辛いです!辛いのが苦手な人は多分全部食べられないかも…?
でも、私にとってはまだまだ許容範囲!というより刺激的でちょうど良い辛さ^^♪これこれ〜この辛さ♪

▼最後はヨーグルトも入れて全部混ぜ!!
南インド系辛口料理店 スパイシーカリー タリカロ

まさに
パラダイス!!

次は夜のスペシャルなプレートも食べてみたいです♪

メニュー


原文まま掲載しておきます。ところどころ楽しいです(笑)

ランチ

<本日のスペシャル・カリー ¥1400>
アーンドラ・マトンカリーである確立が高いがそうでない場合もあるので、念のため注文時にお尋ねください。

<合いがけ(タリカロ・チキンカリー×チキンキーマカリー) ¥1000>
辛口チキンカリー、チキンキーマカリー(鶏ひき肉のカリー)中辛、ライス、アチャール(インドのピクルス)

<タリカロ・カリープレート(辛口のチキンカリーのプレート) ¥900>
辛口チキンカリー、ダール(おまかせ豆カリー)、ライス、ポリヤル(南インドの副菜)、アチャール(インドのピクルス)、ヨーグルト(ライスに混ぜて食べる用)

<チキンキーマ・カリープレート(鶏ひき肉のカリーのプレート) ¥900>
チキンキーマ・カリー(中辛)、ダール(おまかせ豆カリー)、ライス、ポリヤル(南インドの副菜)、アチャール(インドのピクルス)、ヨーグルト(ライスに混ぜて食べる用)、パパド(豆の粉でできた薄いせんべい)

<海老カリープレート(そんなには辛くないと思う) ¥900>
海老カリー、ダール(おまかせ豆カリー)、ライス、ポリヤル(南インドの副菜)、アチャール(インドのピクルス)、ヨーグルト(ライスに混ぜて食べる用)、パパド(豆の粉でできた薄いせんべい)

その他

<チキンカリーのルー追加 ¥200>
<追加パクチー ¥300>
<追加ライス ¥100>
<単品ヨーグルト ¥100>
カリーを注文してみたものの辛すぎてどうしていいかわからない、という事態になった人にまずためしてもらいたいのがコレ。しかしインドでは元々、ヨーグルトをライスにかけて食べるので、辛いとか辛くないに関係なくやってみて欲しい。100円だし。
<生卵or目玉焼き ¥50>

ソフトドリンク

<マサラ・チャイ ¥400>
<ラッシー ¥400>
<ローズ・ラッシー ¥450>
<ローズ・ミルク ¥300>
<マンゴー・ミルク ¥450>
<ミルク ¥200>
<ジンジャーエール ¥350>
<コーラ ¥350>

その他アルコール飲料も充実しています!


■タリカロさんの情報■

住所  :奈良市椿井町30-3
営業時間:<ランチ>11:30~14:00(ラストオーダー 13:50)
     <夜> 18:00~21:00(ラストオーダー 20:30)
定休日 :月・木(ブログ等で確認お願いいたします)
電話番号:0742-24-1437
駐車場 :なし
関連記事

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mahono28.blog.fc2.com/tb.php/172-c585a296
該当の記事は見つかりませんでした。