まいにち奈良づけ♪

奈良の話題を中心に、日々の出来事や制作の事などを気ままに綴っています♪奈良好きの方大歓迎です!
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

吉野に奈良観光情報の発信基地が誕生!『清明館』(吉野町)

2   0

吉野山の麓に今年2月にオープンしたばかりの、奈良観光インフォメーションセンター『清明(せいめい)館』。オープン前から工事の様子を見て気になっていたのですが…ようやく中の様子を見に行くことが出来たのでレポしておきます!

奈良観光インフォメーションセンター 清明館

南奈良の奈良観光情報の発信基地としてこれから注目される施設だと思うのですが、最近は県内各地にオシャレな観光案内所やお店が増えてきましたね♪吉野山にも、新しくてオシャレなお店がまた増えていました。これからの桜の季節が楽しみです^^

2015年3月5日付けの奈良新聞の記事には以下のように書かれていました。
吉野山麓に案内所 - 吉野・旅ともツアーズ

 外国人の奈良観光を主力とする旅行会社「吉野・旅ともツアーズ」(吉野町、内田恭社長)がことし2月、吉野町丹治に観光インフォメーションセンター「清明(せいめい)館」をオープンした。入館無料で、県内の職人ら約20人も紹介、作品を展示販売する。

 吉野・旅ともツアーズは昨年7月、吉野山ロープウェイや路線バスを運行する「吉野大峯ケーブル自動車株式会社」の旅行部門として立ち上げ。シンガポールやタイの旅行会社と業務提携し、県内だけで2泊3日のツアーなどを売り込んでおり、手応えがあるという。

 生駒市高山町での茶せん作り、吉野山周辺の森林トレッキングなど約20の体験メニューも提供。源義経と静御前の衣装で世界遺産・吉野山を散策しながらプロカメラマンに撮影してもらう1日体験は1人6万9800円。海外の富裕層をターゲットにしたオリジナル商品だ。

 10人程度までの小人数を扱い、大きな団体ツアーに対応できなかった県内の小規模事業者が体験メニューを提供できるなど、県の観光産業の底上げにつながっている。

 内田社長(40)は「見るだけの観光ではなく地域に浸り、人と触れ合い、学ぶ旅を提案し、奈良の魅力を発信したい」と話す。

 「清明館」は鉄骨造り2階建ての元工場兼店舗を改装し、吉野山の麓にオープン。近鉄吉野神宮駅徒歩1分。同社スタッフが常駐し、近畿一円の観光相談に無料で応じる。体験メニューなどの申し込みも受け付ける。

 展示スペースでは、葛商品や茶、そうめん、しょうゆ、木工品、竹工芸、陶芸など、こだわりが光る県内の作り手を紹介。希望者に商品販売も行う。休憩スペースは無料で一般に公開。同社は「吉野山散策の休憩や観光情報収集に気軽に利用してほしい」としている。

 午前9時~午後6時。吉野山花見の時期は午前10時~午後9時。不定休。問い合わせは吉野・旅ともツアーズ、電話0746(39)0010。

『清明館』をオープンしたのは、旅行会社「吉野・旅ともツアーズ」。吉野山ロープウェイや路線バスを運行する「吉野大峯ケーブル自動車株式会社」の旅行部門です。

奈良観光インフォメーションセンター 清明館

場所は吉野山の麓。「吉野神宮駅」のすぐ近くです!

外観


▼白と黒を基調としたシックな雰囲気の外観です。
奈良観光インフォメーションセンター 清明館

▼無料の休憩所やお手洗いもあるので、気軽に立ち寄れます^^
奈良観光インフォメーションセンター 清明館

▼入口には緑ののれんがかかっています。
奈良観光インフォメーションセンター 清明館

展示スペース内観


中に入って、まずは担当の方に撮影とブログ掲載の許可を頂きました。
まずは内観全体をぐる〜っと撮影!

▼入口入ってすぐの場所から全体を撮影。
奈良観光インフォメーションセンター 清明館

ブログを見て下さっているみなさんに、その場所に行ったような気分を味わってもらいたい。もしくは、何かの参考になれば良いなぁ〜と思いながらいつも写真を撮るのですが…
毎回のことながら写真を撮りすぎました^^;

▼入口の反対側から。
奈良観光インフォメーションセンター 清明館

きっと毎回「コイツどんだけ写真撮るねん!」と心の中で思われていることでしょう^^;

▼右サイドから。
奈良観光インフォメーションセンター 清明館

でも気にしません!(笑)←迷惑;

義経と静御前体験コース!

『清明館』に入って正面の場所には「吉野・旅ともツアーズ」の義経と静御前体験コースの案内とパネルが展示されていました。
※2015年の吉野山のお花見プランについてはこちらのページをご覧下さい→

▼義経と静御前に扮しているのは外国の方。海外からの旅行者を意識したプランなのでしょうか。
奈良観光インフォメーションセンター 清明館

こちらのページにツアーの詳細があるのですが、参加資格の項目には”永遠の愛を誓いたい男女”と書かれています。どうやらカップル向けのプランのようですね(*^△^*)

▼外国の方向けに、英語のパンフレットもちゃんと用意されています。
奈良観光インフォメーションセンター 清明館

▼youtubeでツアーに関する映像が公開されていたので、貼っておきます。


展示スペース

展示スペースには県内の名産品が並べられていました。

▼写真右側には「建具・欄間」「吉野杉のボールペン」が展示されています。
奈良観光インフォメーションセンター 清明館

作り手の方を紹介したパネルも一緒に置かれています。

▼こちらは「赤膚焼」。
奈良観光インフォメーションセンター 清明館

▼写真左側に展示してあるのは「吉野材で作った特殊加工品」と「高山茶筅」。
奈良観光インフォメーションセンター 清明館

▼「奈良墨」。下段に「筆」も展示されています。
奈良観光インフォメーションセンター 清明館

▼上段は一刀彫の「奈良人形」。下段は「手漉き和紙」。
奈良観光インフォメーションセンター 清明館

玉井製麺所さんの「手延べ三輪素麵」と矢的庵さんの「手打ち蕎麦」
奈良観光インフォメーションセンター 清明館

竹西農園さんの「大和茶」と古都屋さんの「奈良漬」
奈良観光インフォメーションセンター 清明館

中井春風堂さんの「葛菓子」と「葛湯」
奈良観光インフォメーションセンター 清明館

林豆腐店さんの「しゅうゆ」と「ごま豆腐」
奈良観光インフォメーションセンター 清明館

▼「きざみ湯葉」と「煎り大豆」
奈良観光インフォメーションセンター 清明館

歌藤さんの「くず餅」と平宗さんの「柿の葉寿し」
奈良観光インフォメーションセンター 清明館

展示品は実際に購入することも可能で、これからも数が増えていくそうなので楽しみですね^^

吉野・旅ともツアーズの受付


▼「吉野・旅ともツアーズ」に実際に応募するにはこちらの受付へ!
奈良観光インフォメーションセンター 清明館

観光の相談にも応じて下さると思います。

無料休憩所もあります!


まずは全体の様子から。

奈良観光インフォメーションセンター 清明館

別角度からも何枚か写真を載せておきます。

奈良観光インフォメーションセンター 清明館

机も大きめで、ゆったり座れますね〜。

奈良観光インフォメーションセンター 清明館

これからの桜シーズンには多くの観光客の方が休憩に利用するのではないでしょうか!

奈良観光インフォメーションセンター 清明館

▼吉野に限らず、県内各所のパンフレットが置かれています。
奈良観光インフォメーションセンター 清明館

▼シーズンになったら、お茶なども無料で飲めるのでしょうか?
奈良観光インフォメーションセンター 清明館

▼こちらにもパンフレットがずらり!
奈良観光インフォメーションセンター 清明館

まだ持っていないものを全部もらって帰りました(^^)v

奈良観光インフォメーションセンター 清明館

ここ吉野の地に、奈良の観光情報を発信する基地ができたのはとても嬉しいことです。
ツアー内容もこれからますます充実していかれると思いますし、これから吉野山や付近を訪れる観光客のみなさんにもぜひ利用して欲しい施設です^^!


■清明館さんの情報■

住所  :奈良県吉野郡吉野町丹治207-1
営業時間:9:00~18:00
     吉野山花見の時期は午前10:00~21:00
定休日 :不定休
問い合せ:0746-39-0010(吉野・旅ともツアーズ)
駐車場 :あり(前に3台ほど停められそうなスペースがあります)
関連記事

SHARE

-2 Comments

吉野ガーデン(株)大谷 says..."吉野杉 桧 の海外販売について"
我が社では香港やイギリス など海外との取引始まっています。
食器棚や本棚 テーブルや椅子などです。
もしよければ協力出来ないでしょうか。
2015.04.25 11:04 | URL | #lkosuRIg [edit]
ヨシノ says..."こんにちは。"
●吉野ガーデン(株)大谷さん●

はじめまして^^

>もしよければ協力出来ないでしょうか。
吉野杉や桧を使った商品を販売されているのですね?
吉野ガーデンさんの商品を「清明館」さんで取り扱って欲しいということでしょうか?

私はただのいち奈良ファンで、「清明館」さんとは全く関係のない者ですので…;直接問い合せして頂いた方が良いのではないかと思います^^

「清明館」を運営されている「吉野・旅ともツアーズ」さんの電話番号は0746-39-0010です。

よろしくお願い致しますm(_ _)m
2015.04.28 10:50 | URL | #Q1dH3vdw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mahono28.blog.fc2.com/tb.php/197-ad45f0be
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。