まいにち奈良づけ♪

奈良の話題を中心に、日々の出来事や制作の事などを気ままに綴っています♪奈良好きの方大歓迎です!
MENU

卑弥呼と桃太郎は姉弟なのか!?

4   0

いつも通り昼食を食べながら、歴代天皇の事蹟などが掲載されている本をパラパラと読んでいると…
第7代孝霊天皇の子供の欄に『倭迹迹日百襲姫命(ヤマトトトヒモモソヒメ)』と『吉備津彦命(キビツヒコノミコト)』の名前がありました。

『倭迹迹日百襲姫命』といえば、卑弥呼の墓との説がある「箸墓古墳」の被葬者としても有名な人物です。
そして、『吉備津彦命(キビツヒコノミコト)』は桃太郎のモデルになったのではないか!?ともいわれている人物。(※もちろん諸説あります!)


その二人が孝霊天皇の子供だということは…

あれ??

卑弥呼と桃太郎ってもしかして姉弟(o△o)!?

桃太郎 卑弥呼

ネットで調べてみると、卑弥呼と桃太郎が姉弟だという話題が出るわ出るわ!
私は本を読んで初めて気付いたのですが、これって結構有名な話なんですね…知らなかった(^▽^;)

▼参考URL▼
>>桃太郎と卑弥呼は姉弟?

知らなかったことを少し恥じつつも、やっぱり奈良は知れば知るほど面白い!!


上記のリンク先の記事によりますと、吉備津彦は弟の若建(稚武)彦とともに吉備へ遠征し、吉備(上道・下道)両国を治めた人物(『日本書紀』では、第10代崇神天皇が、吉備津彦を四道将軍の一人に任命し、西海に派遣したとある。)で、吉備に伝わる「温羅伝説(うらでんせつ)」によれば、性格が極めて凶悪で、西国から都へ送る貢物や婦女を略奪したり、船の往来を妨害したりして人々を苦しめていた温羅という集団を、大和より派遣された吉備津彦が退治したとのこと!

更に、人々は温羅を「鬼神」と呼び、その居城を「鬼ノ城」と呼んで恐れていたというのです…

これはまさに桃太郎の鬼退治!!

▼倭迹迹日百襲姫命(=卑弥呼?)の墓とも言われている「箸墓古墳」
箸墓古墳

また、箸墓古墳からは吉備の特殊器台が出土しているそうで、このことから姉弟が揃って吉備と強い関わりをもっていたことが伺われます。

更に更に、「"桃"太郎」という名前については、箸墓の被葬者である吉備津彦命の姉「倭迹迹日百襲姫命(ヤマトトトヒモモソヒメ)」の”モモ”から連想してつけられたという説もあるようです!

ほほ〜〜っ(^o^)!!


実際のところ、卑弥呼と桃太郎は姉弟でもなんでもないかもしれませんが…
こうしてあれこれ想像できるのは歴史の面白いところですね〜^^

できればいつか、奈良の桃太郎伝説巡りとかぐや姫伝説巡りをしてみたいなぁ♪



そういえば、最近携帯会社のCMで桃太郎をよく見かけますね…

▼絵の練習に楽書きしてみました。
桃太郎の鬼退治

ブームなんでしょうか?
関連記事

SHARE

4 Comments

カチャーチャン says..."No title"
桃太郎、吉備津彦命が兄弟で吉備津彦の弟もモデルの一人と言われているそうです。
田原本町の黒田で活動している「黒田桃花会」会長は通称(ももおやじ)と呼ばれている人ですがその方のブログを・・・
http://shinsan.blog.eonet.jp/
桃太郎の話し以外にも奈良の事結構詳しくて一度あってみると面白いかも、 フェースブックは  https://www.facebook.com/shinji.kataoka.52
趣味人倶楽部で奈良関連のコミュニティ野管理人です(ちなみに私もですが)
2015.07.08 08:32 | URL | #- [edit]
ヨシノ says..."No title"
●カチャーチャンさん●

>桃太郎、吉備津彦命が兄弟で吉備津彦の弟もモデルの一人と言われているそうです。

そういえば、他のwebページで弟(稚武彦命)の桃太郎伝説についても掲載されていました。
http://www.geocities.jp/mb1527/N3-18kibituhiko.html

調べ始めると本当に奥が深そうですね…

>田原本町の黒田で活動している「黒田桃花会」会長は通称(ももおやじ)と呼ばれている人ですがその方のブログを・・・
http://shinsan.blog.eonet.jp/

素晴らしい方を紹介して頂き、ありがとうございます!!
興味深い活動を精力的にされていますね!実際に片岡さんともコンタクトを取らせて頂きました^^

栽培されている桃がとっても美味しそうです(笑)
2015.07.11 06:16 | URL | #Q1dH3vdw [edit]
ta says..."No title"
桃太郎というと岡山、吉備津神社をはじめとする吉備路の神社・遺跡の数々をまず思い浮かべてしまいます。実際、岡山の駅前には桃太郎の銅像が建っていますし、人気のお土産はなんと言っても吉備団子。イメージができあがっていますよね。
しかし、伝説どおり孝霊天皇の皇子の彦五十狭芹彦命(のちの吉備津彦命)が桃太郎のモデルとなれば卑弥呼と姉弟もありなのですね。このお話の舞台、田原本町黒田も、もっと積極的にPRすればいいのではないかと思います。特に田原本では初瀬川を流れてきた壺に桃太郎が入っていたことになっているようですが、壺から生まれた桃太郎もユニークで「あり!」だと思います。
2015.07.12 14:08 | URL | #- [edit]
ヨシノ says..."Re: No title"
●taさん●

> 桃太郎というと岡山、吉備津神社をはじめとする吉備路の神社・遺跡の数々をまず思い浮かべてしまいます。実際、岡山の駅前には桃太郎の銅像が建っていますし、人気のお土産はなんと言っても吉備団子。イメージができあがっていますよね。

桃太郎といえば、岡山というイメージがやはり強いですよね!私も何度か吉備団子をお土産で頂いたことがあります^^

> 田原本町黒田も、もっと積極的にPRすればいいのではないかと思います。

こうしてみると、奈良には観光資源や地元おこしの材料がそこかしこにゴロゴロしているのに…やはりPR不足というのがあるのかもしれませんね。もともと自己主張をするような県民性でもありませんしね^^;
奈良の観光を考える上でいつも問題になる話題ですが、PRに必要なものといえば、その土地にあるものを活かすアイディアと行動力!でしょうか…
あとは地元の人がどれだけ自分が住んでいる土地に愛着と関心を持つことができるかですかね?←実はこれが一番難しくて、奈良県民に必要なことなのではと個人的に思っています。
2015.08.02 10:54 | URL | #Q1dH3vdw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mahono28.blog.fc2.com/tb.php/243-73718926
該当の記事は見つかりませんでした。