まいにち奈良づけ♪

奈良の話題を中心に、日々の出来事や制作の事などを気ままに綴っています♪奈良好きの方大歓迎です!
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

乳酸菌と友達になりたいので、TGGヨーグルトを作ってみた!

0   0

突然ですが、今ブームとなっている『TGGヨーグルト(豆乳グルグルヨーグルト)』をご存知でしょうか?

乳酸菌や発酵食品にについて色々と調べたていたところ出会ったTGGヨーグルトなのですが、これが奥深くて面白&美味しいのです!!

▼今日の朝食です♪
TGGヨーグルト 豆乳ヨーグルト 玄米

Facebookには「TGG豆乳ヨーグルト同好会」も存在し、会員数もどんどん増えています。
このブームの火付け役は、TGGヨーグルトの名付け親でもある作家のさとうみつろうさん。ベストセラー書籍『神さまとのおしゃべり』の著者の方です!

▼『豆乳グルグルヨーグルトで腸美人!』も購入しました^^
TGGヨーグルト 豆乳ヨーグルト 玄米

TGGヨーグルトの作り方はいたってシンプル!

「豆乳」に「スプーン1杯の生の玄米」を入れる!!

これだけです。


なんでも、玄米の表面にびっしりと貼りついている乳酸菌(ミニマムヒーローズ)の働きで、豆乳が発酵して勝手にヨーグルトになるのだとか。

乳酸菌パワー恐るべし(o△o)!!

種菌をつくれば、そこからどんどんTGGヨーグルトを量産できるのも嬉しいところ。

種菌作り奮闘記


しか〜し!!単純だからこそ難しいのが理想の種菌作り。
乳酸菌の力を心から信頼しなければ、おいしいヨーグルトは作れないのです(;;)!!

以下、私が種菌作りに奮闘する様子です。


1回目

まずは、さとうみつろうさんのブログ記事「豆乳ヨーグルトの作り方 〜奇跡の免疫アップデザート TGGヨーグルト〜」を参考に、持っていたヨーグルティアという保温器を使って作ってみることにしました。

購入した無農薬栽培の玄米と無調製豆乳を書かれた分量通りヨーグルティアへ投入し、36℃設定でスイッチオン!待つこと9時間…

全く固まらず、液体の豆乳のまま。

(写真を撮っていませんが)ヨーグルトのヨの字もありませんでした(^^;)
敗因はよく分かりませんが…、もう少し時間をおけば固まるかも?と再びヨーグルティアへセットしようとしたその時!
容器ごと豆乳と玄米を全部床にぶちまけてしまいました(T◇T)!!(←早朝5時の出来事)

朝からテンションだだ下がり。いくつか救出できそうな玄米を拾い集めたものの…豆乳はほぼ全滅。悔しいので、容器に1cmほど残っていた豆乳と玄米をそのままにして様子を見てみることに。

それから数時間後。
豆乳は見事にとろみのある状態に変化していたのですが…色が明らかにおかしいピンク色に。
先ほどの本によれば、これは赤色酵母と呼ばれるロドトルラという菌が発生したもののようです。この菌自体は無害なのですが、他の雑菌が繁殖しやすくなるため、食べるのはおすすめしないとのこと^^;

これが私の前途多難なTGGヨーグルト生活のはじまりでした。


2回目

1回目の失敗を受け、2度目は本にも掲載されていた「3段発酵」製法で種菌を作ってみることに。

「3段発酵」製法について、詳しくは発酵生活研究家・栗生隆子さんのブログ記事「誰でも成功する豆乳ヨーグルト作り方☆」をご覧下さい。

3回に分けて常温で玄米から豆乳を発酵させること2日。
結果はこんな感じになりました↓↓

▼やや過発酵気味!?
TGGヨーグルト 豆乳ヨーグルト 玄米

この時期は気温が高いので過発酵が起こりやすいそうなのですが、もしかすると玄米の量が少し多かったのかもしれません。というのも、1回目に全く固まらなかった失敗を受けてスプーン1杯よりのやや多めの玄米を入れてしまったのです。

つまりは乳酸菌の力を信じていなかったことが過発酵を招いた原因だったのかもしれません。

しかも、何だかいままで嗅いだことのないような匂いがします。腐っている訳ではないと思いますが…決して良い匂いではない。なんというか、スモーキーな感じと言いましょうか…言葉では上手く表現できません^^;
味もイマイチ…。

しかし、過発酵してしまったとはいえちゃんと発酵しているということは…

目に見えない乳酸菌たちは確実にそこに存在しているのです!

それが分かっただけでも非常に大きな収穫でした。

過発酵してしまったTGGヨーグルトは、コーヒーフィルターで漉して「ホエー(乳酸菌たっぷり)」部分を取り出し、残った固形物は納豆と混ぜて味付けし、美味しく頂きました^^


3回目

次は、2回目の挑戦で手に入れたホエーを種菌にしてヨーグルトを作ってみることにしました。
そして前回のヨーグルトの味があまり私の好みに合わなかったことから、豆乳の種類を変えて「3段発酵」製法での種菌作りにも再挑戦してみました。(ちなみに今回から使っているのは、スジャータの無調製豆乳です)

▼新たに1から作り始めた種菌(左)と、2回目にできたTGGヨーグルトのホエーを種菌にして作ったもの(右)。
TGGヨーグルト 豆乳ヨーグルト 玄米

▼ホエーから作ったTGGヨーグルトの表面。
TGGヨーグルト 豆乳ヨーグルト 玄米

ややゆるめではありますが、前回よりはヨーグルトらしくなってきました。少し赤色酵母が発生していますが、表面だけ綺麗に取り除けば問題なさそうです。
味もまあまあ?匂いも最初のもの程キツくはありませんが、理想にはまだまだほど遠い出来でした^^;
ここからまたホエーを取り出して、繰り返し作っていくと安定するとは思うのですが…結局残さず、数日で全部食べてしまいました。

▼新たに作った種菌。(1段目の発酵中)
TGGヨーグルト 豆乳ヨーグルト 玄米

こちらはトロッと固まってきていい感じ♪
乳酸菌パワーを信じて、玄米は前回の半分程の量に。常温でみるみるヨーグルトに近づいていきました!
この後、豆乳を注ぎ足しながら2段・3段と発酵を繰り返して、よい種菌が見事に完成しました☆
(しかし、写真がありません…ごめんなさい。)

匂いも臭くないし(笑)私好みの香りです^^

そして、この種菌を元に作ったのがこちらのTGGヨーグルトです↓↓

TGGヨーグルト 豆乳ヨーグルト 玄米

スプーン1杯の種菌に豆乳(300mlくらいだったかな?)を投入!
グルグルかき混ぜて、常温で一晩放置しました。

▼表面はこんな感じです。良い固さに固まりました♪
TGGヨーグルト 豆乳ヨーグルト 玄米

やったーー\(^▽^)/!!


【メモ】
しかし、種菌に関してはまだまだ改良の余地がありそうです。
私が入手した玄米には酵母が多く付着しているのか?洗わずに使ったら赤色酵母が大量発生しました。(←1回目のこと)
それから軽く水洗いをして使っていますが、この暑い季節に常温発酵させるとどうしても表面にうっすらと赤色酵母のようなものが出てしまいます…。
そこで調べてみると、玄米をしっかり水洗いして50℃の湯につけてから使っているという人が何人かおられたので、今度はこの製法で試してみます。

種菌をつくる環境でも常在菌によって発酵具合が変わるようで…同じ材料で作っても、各家々で菌の働きが違うそうです。そういえば以前酒蔵見学をした際にお店の方が「蔵に住んでいる常在菌によってその蔵でしか作れない味のお酒ができる」ということをお話ししておられました。

ペットを飼うような感覚で…


現在は作った種菌を元に、新たにTGGヨーグルトを量産しています。
種菌は量が減ってきたら豆乳を追加して、いつも一定の量を確保するようにしています。(日に日に良い種菌に成長してくれています。)

先に紹介した発酵生活研究家の栗生隆子さんは本の中で、

発酵生活が楽しくなってくると、
種菌がまるでペットのように思えてきて
「飼っている」感覚になるのです。


とおっしゃられていますが、まさにその通りです!

エサ(豆乳)をあげたり、温度管理をしたり…
瓶の中で元気に活動している乳酸菌達になんともいえない愛着を感じてくるようになるのです。

▼市販で販売されているヨーグルトと比べて乳酸菌の数がケタ違いに多い!!
TGGヨーグルト 豆乳ヨーグルト 玄米

私は体調を良くする為にTGGヨーグルトを食べているのですが、肌にも良いので入浴剤にしたり、パックにしたり、せっけんとして使っている方もおられるそうです。
そのまま食べる以外にも、漬け物の漬け液として使ったり、発酵バターにしたり、マヨネーズにしたり、天然酵母パンを焼いたり…とTGGヨーグルトを使ったレシピも無限大♪

気になる方は是非とも!

玄米と豆乳を買ってきて、種菌を飼ってみて下さい♪


ちなみに。TGGヨーグルトは玄米以外でも、梅干しの種・レーズン・レモン・いちご・ハチミツetc…などからでも、常在菌で発酵させて作ることができるそうです〜!
もっと上手く種菌を作れるようになったら、玄米以外でも挑戦してみたいと思います。

TGGヨーグルト以外にも、麹・酒・味噌・しょうゆ・漬け物・なれ鮨・チーズ・紅茶などなど…
本当に発酵の世界は奥深くて、面白くて、楽しい!!

▼その日の気分で好きなものや旬なものをトッピングして楽しんでいます。
TGGヨーグルト 豆乳ヨーグルト 玄米

目に見えない乳酸菌たちの力を日々感じ、感謝しながら…
今日も美味しいTGGヨーグルトを頂いています(*^^*)
関連記事

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mahono28.blog.fc2.com/tb.php/245-78d300c5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。