まいにち奈良づけ♪

奈良の話題を中心に、日々の出来事や制作の事などを気ままに綴っています♪奈良好きの方大歓迎です!
MENU

奈良が好き…そして古墳も好き。

6   0

またまたお久しぶりでございます。

最近ブログから離れ気味でしたが、ブログタイトルの「まいにち奈良づけ」生活は日々継続中です^^
来年1月に実施される奈良検定の1級試験も迫ってきているので、お店で働きながら合間を合間を見つけては裏でこっそり奈良関連の本を読んだりしています(さぼっている訳ではないですよ!!笑)

最近は奈良検定の中でも苦手なジャンルの「古墳」(←名称・形式・築造年代・副葬品などなど、試験対策として覚えるのが大変という意味で…)についてあれこれ書籍を読んだりしているのですが、奈良の古墳関連の書籍がまた新たに出版されたのでご紹介☆


まずは『月刊大和路ならら』2015年8月号!

『ならら』は毎月欠かさず購入していますが、8月号の特集が
ああ、いとしの古墳時代[天理・桜井編]!!

▼古墳好きにはたまらない内容です(^q^)
ならら ああ、いとしの古墳時代

以下、「月刊大和路ならら」の特集ページより転載。

ああ、いとしの古墳時代
天理・桜井編

2015年8月号(202号)

まあるいお尻にキュッとしたくびれ、頭は案外カタいのね…、悩殺プロポーションの前方後円墳。いやいや、円墳も方墳も双方中円墳も、個性豊かで魅力的!ところで外見ばっかり見てないか?横穴式石室や石槨……ミステリアスな内側の魅力を知ればイチコロ、もはやあなたは古墳にメロメロ。古墳がよりどりみどりの天理・桜井へ、ステキな出会いを求めて、いざ行かん!

●古墳時代は桜井・天理からはじまった!
●天理市埋文職員に聞く 天理のおすすめ古墳
●古墳巡りに出掛ける前に
●天理市・桜井市 古墳分布地図
●天理市・桜井市 古墳一覧表
●ここまでわかった古墳被葬者 日本を創った英傑らは眠る


つづいて、まりこふんさんの新刊。その名も『奈良の古墳』!

古墳にコーフン協会」会長で、古墳シンガーとしてもおなじみの「まりこふん」さんが、奈良の古墳をテーマにした本を出版されました。
こちらの書籍はamazonで予約注文品と共に購入した為まだ手元には届いておりませんが、本のタイトルを見ただけでコーフンしてしまいますね(笑)

奈良の古墳

ちなみに、明日9月5日(土)18:00~『奈良の古墳』刊行記念イベントが、啓林堂書店(奈良店)店頭にて行われるそうです!まりこふんさんのサイン会もあるそうなので、気になる方はぜひ♪

以下、amazonの『奈良の古墳』商品紹介ページより転載。

近年古墳に関するニュースも多く、さまざまなイベントが開催され、古墳グッズまで発売されるなど古墳がブームとなっています。特に、天皇や有力豪族の眠る古墳が多い奈良では、常に古墳の話題に事欠きません。本書では、「古墳をゆるく楽しく愛でる」をモットーに設立された「古墳にコーフン協会」会長のまりこふん氏が、実際に奈良の古墳をめぐり、その素晴らしさついてじっくりと、わかりやすく語ります。「奈良市街」「生駒・斑鳩・郡山」「天理・桜井」「橿原・明日香」「葛城」の5章に分けて、約50件の古墳を網羅し、奈良の古墳の魅力を余すことなく紹介します。古墳めぐりにハマったばかりの方はもちろん、ディープな古墳ファンの方にも楽しんでいただける臨場感溢れる一冊です。また、古墳クッションができるまでのレポートや、「古墳ギャルのコフィー」作者FROG MAN氏との対談も収録しました。



…そして超蛇足。

昨日、奈良町の和菓子職人さんがお店に来て下さり(和菓子が好きだと言い続けた想いが通じたのでしょうか!?)少し奈良のお話もさせて頂いたのですが、相手の方に「一番好きな奈良の古墳はどれですか?」と聞かれて答えに困ってしまいました。

今まで色々な古墳を巡ってきましたが、そういえば…

「マイベスト古墳」を決めていませんでした!!


というわけで、近いうちにこのブログで今現在の私の古墳ランキングを発表したいと思います!!
(↑誰も興味ない)
関連記事

SHARE

6 Comments

カチャーチャン says..."No title"
マイ・ベスト古墳、我が家周辺にも結構たくさんの古墳が有って石室に立ち入ることも出来るのが数カ所、石室は破壊されているが石積みの判るところなど色々ですが中でもあまり知られていない古墳「塚穴山古墳」は規模から言えば石舞台級の円墳、上部の石積みはなくなっていますが大きな石室と羨道は見応えが・・・天理高校の敷地内のために高校に許可を頂いてから入ることになりますが近くには日本最大の前方後方墳の西山古墳も有りこの近くにも数カ所の古墳が、古墳めぐりも楽しいものですが空きが深まってから冬の間が訪ねるには一番ですね・・・。
2015.09.05 12:27 | URL | #- [edit]
ケロリン says..."No title"
 こんばんは。古墳ならば堺にお越しください(笑)。巨大前方後円墳マニアにはたまらん世界です。どれもデカすぎて全貌が見えんのが欠点ですが・・・(汗)。

 ケロリンツアーズ、鋭意営業中でございます。
2015.09.05 22:21 | URL | #- [edit]
ta says..."No title"
去年の手帖を見るとちょうど今頃から奈良検定の勉強をし始めていたので、もうそんな時期になったんだなという思いです。この夏、無事に体験学習プログラムも修了できたので、忘れないように11月に入ったら出願しなくっちゃ。
 さて、今回もとても興味深い書籍を紹介してくださりありがとうございます。「ならら」は「花と仏の霊場巡り」「大仏鉄道」の2冊を入手していますが、今回の古墳特集も間違いなく手元に欲しい1冊になりそうなので、南円堂の特別拝観(10月17日)の時にバックナンバーで手に入れるか、直接注文しようと思います。こちら、愛知県にも名古屋市や春日井市に結構大きな古墳があるのですが、あまり注目されていないのが残念です。私もマイ・ベスト古墳が持てるよう勉強と現地訪問に精進しなくては!
2015.09.06 17:27 | URL | #- [edit]
ヨシノ says..."No title"
●カチャーチャンさん●

カチャーチャンさんは古墳群密集地帯にお住まいですからね(笑)
「塚穴山古墳」ですか!
http://kanko-tenri.jp/kanko_guidance/tyubu/tukaanayama_kofun.html
むき出しの石室は確かに見ごたえがありますね〜!
”許可を頂いて見る”というのも、個人的には古墳鑑賞の萌え(?)ポイントだったりします(笑)すんなり見せてもらえない感がなんとも…
そういう意味では、一般家庭の敷地内にある古墳とかも魅力的だったり。

「西山古墳」は奈良検定でもよく出題されています。前方後方墳の上に前方後円墳が乗っているような…何とも珍しい古墳で。しかもそこに”日本最大”とくればなおのこと!!
天理・桜井周辺は本当に魅力的な古墳が満載ですね♪

確かに今の時期は草も伸び放題で、虫なども多いので^^;もう少し秋が深まった頃、本格的に古墳巡りをしたいと思います。
2015.09.06 20:14 | URL | #Q1dH3vdw [edit]
ヨシノ says..."No title"
●ケロリンさん●

百舌鳥古墳群に古市古墳群!!
たまりませんね(笑)

確かに欠点でもありますが…”全貌が見えないくらい巨大” なものは、個人的にどんなものでもそれだけでテンションが上がったります♪

中でも仁徳天皇陵は外せませんよね!!
日本最大の前方後円墳というのはもちろんの事。浮気をした仁徳天皇に激怒した奥さんの古墳(磐之媛命陵)が遠く離れた奈良市に築かれたという逸話も好きだったりします。(←諸説ありますが)

>ケロリンツアーズ、鋭意営業中でございます。

…と。
実は私、これらの巨大古墳群をまだこの目で見た事が一度もありません!!(恥)

ケロリンツアーズ!!是非とも参加させて下さい〜m(_ _)m!!
2015.09.06 20:34 | URL | #Q1dH3vdw [edit]
ヨシノ says..."No title"
●taさん●

そろそろ本腰を入れて勉強しないといけない時期になってきましたね〜(>_<;)
一級試験はテキストには載っていない問題も出題されるのでなおのこと…。
そうなるとやはり、検定テキスト以外の奈良関連の書籍をあれこれと読むしかないのかな?と思います。

様々な奈良関連書籍がある中、「ならら」は特集の着眼点が面白くて大好きな月刊誌です♪
本屋さんによってはその月の号しか置いていない所も多いのですが、近鉄奈良駅前の「きてみてならSHOP」にはバックナンバーが何冊か置かれていましたよ^^
南円堂の特別拝観に来られた際はぜひチェックしてみてください☆

私自身、奈良のマイベスト古墳を語るにはまだまだ知識も浅いのですが…
いつか「究極のマイベスト古墳」を決められるように、これからは今まで以上に古墳巡りにも勤しみたいと思います!
2015.09.06 20:50 | URL | #Q1dH3vdw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mahono28.blog.fc2.com/tb.php/248-93c70c2e
該当の記事は見つかりませんでした。