まいにち奈良づけ♪

奈良の話題を中心に、日々の出来事や制作の事などを気ままに綴っています♪奈良好きの方大歓迎です!
MENU

栢森の『綱掛神事(女綱)』(明日香村)

0   0

稲淵の『綱掛神事(男綱)』(明日香村)」の続きです!

稲淵(いなぶち)で『綱掛神事(男綱)』を見学した後、同日に行われていた栢森(かやのもり)の『綱掛神事(女綱)』も見学する為、奥明日香の道を更に南へ進む事約20分。(←車を石舞台付近に駐車してきた為、徒歩で移動しました;)

▼既に神事が始まっているようで、人だかりができていました。
栢森 綱掛神事 女綱

▼近くの案内板
栢森 綱掛神事 女綱

「栢森の綱掛神事」

 綱掛神事は、栢森と稲渕両大字に伝わる神事で、毎年正月11日に行われる。カンジョ掛神事ともいう。
 子孫繁栄と五穀豊穣を祈るとともに、悪疫などこの道と川を通って侵入するものを押し止め、住民を守護するための神事といわれている。
 栢森大字の神事の特徴は、全体を仏式で行うことである。福石(陰物ともいう。)と呼ばれる石の上に祭壇を設け、僧侶の法要の後、飛鳥川の上に陰物を形どった「女綱」を掛け渡す。一方、飛鳥川下流の稲渕大字の神事は神式で行うことが特徴で、「男綱」を飛鳥川に掛け渡しをする。

▼栢森の神事は仏式で行われます。
栢森 綱掛神事 女綱

稲渕は神式でこちらは仏式。栢森地区には宮司さんがいないからだそうですが…なんだか不思議な感じがしますね。

また、稲渕の方は綱の掛け替えが終わってから神事を執り行っていましたが、こちらは仏式の神事の後に女綱の掛け替えが行われるようです。

栢森 綱掛神事 女綱

▼掛け替える前の古い「女綱」
栢森 綱掛神事 女綱

▼古くなった女綱を取り外しているところ。
栢森 綱掛神事 女綱

▼新しい綱を掛けていきます。
栢森 綱掛神事 女綱

▼こちらの男性が運んでおられるのが女綱の「陰物」です。
栢森 綱掛神事 女綱

栢森 綱掛神事 女綱

▼古くなった綱と、新しい綱。
栢森 綱掛神事 女綱

▼両側に綱を渡します。
栢森 綱掛神事 女綱

栢森 綱掛神事 女綱

▼その後、陰物を綱に取り付けます。
栢森 綱掛神事 女綱

▼手際よく結ばれていきます。
栢森 綱掛神事 女綱

▼取り付けが終わったら、両側に渡した綱を山斜面の木にかけて引っ張ります。
栢森 綱掛神事 女綱

▼それっ!!
栢森 綱掛神事 女綱

▼女綱が宙に舞っていきました。
栢森 綱掛神事 女綱

▼よく見ると底にみかんが一個ついてますね。
栢森 綱掛神事 女綱

▼掛け渡しが終わった後は、神事で供えられたみかんの争奪戦が!!
栢森 綱掛神事 女綱

▼説明板に書かれていた「福石」とはこれのことでしょうか?
栢森 綱掛神事 女綱

▼みかんと女綱。
栢森 綱掛神事 女綱

▼古い方の女綱はその場で焼かれます。
栢森 綱掛神事 女綱

栢森 綱掛神事 女綱

また1年、村を守って下さい。

栢森 綱掛神事 女綱


■『綱掛神事(女綱)』の情報



開催日時:1月11日
開催場所:高市郡明日香村栢森
お問合せ:0744-54-2362、3240(飛鳥京観光協会)
参加料等:無料
開催時間:午前〜(綱掛神事は15時頃〜)
アクセス:【電車・バス】近鉄「橿原神宮前駅」または「飛鳥駅」下車、奈良交通明日香周遊バス乗車「石舞台」下車、徒歩約35分
     【車】「石舞台古墳」から車で10分ほど

サイト :明日香村観光ポータルサイト 旅する飛鳥
関連記事

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mahono28.blog.fc2.com/tb.php/279-690aee7a
該当の記事は見つかりませんでした。