まいにち奈良づけ♪

奈良の話題を中心に、日々の出来事や制作の事などを気ままに綴っています♪奈良好きの方大歓迎です!
MENU

今年初開催!『奈良大立山まつり』

0   0

観光客が少なくなる冬の新たな集客イベントとして、奈良県が企画した『奈良大立山まつり』へ行ってきました♪
ネット上では「ニセねぶたまつりだ!!」などと批判的な意見も目立っていましたが^^;
何はともあれ、やるからには今後の奈良のビッグイベントとして定着していって欲しいと思います。

奈良大立山まつり

『奈良大立山まつり』について、公式HPには以下のように書かれていました。

江戸時代の頃から、奈良県内各地には「造りもの」を身代わりとして、降り懸かる厄を落とすという風習があり、この習わしを奈良独自の呼び方で「立山」と呼んでいます。

現在は、広陵町大垣内で「立山まつり」として、橿原市八木町では「愛宕祭」として、また、御所市東名柄では「天満神社立山祭り」として、無病息災を願い毎年執り行われています。

この奈良伝承の地域資源である「立山」を"由来"とした、無病息災の願いを継承する象徴的なまつりを新たに創出することは意義深いことと考え、「大立山まつり」と命名して実施するものです。

「大立山まつり」では、奈良を代表する守護神の一つである四天王に因んだ巨大な「大立山」を4基制作し、灯りを入れた山車に仕立てます。そして、これらの山車を近隣の高校生をはじめとする地域の人達が曳き、夜の平城宮跡大極殿院を練り歩きます。併せて、県内各地の伝統行催事もご披露いただきますので、お祭りは大いに盛り上がることでしょう。

奈良では、奈良時代の昔から万灯会という灯りを用いた祭りが行われてきました。世界の人々の幸せと平和を祈る「大立山まつり」を、「灯りのイベント」の始まりともいえる奈良を象徴する代表的な祭りとして毎年継続して開催し、年の初めに、奈良を訪れた観光客をはじめとする多くの方々に、一年の無病息災や家内安全を祈念していただきたいと思っています。

江戸時代頃から、県内各地で行われていた「造りもの」を身代わりとして、厄を落とす風習「立山(奈良独自の呼び方)」が由来になった新たな祭りが『奈良大立山まつり』というわけですね。

会場となっている「平城京跡」へ


大和西大寺駅付近のパーキングに車を停めて移動。(平城京跡会場にも駐車場がありますが、混雑を予想して駅前に停めることにしました)

▼駅前からはシャトルバスが20分おきに出ていました。
奈良大立山まつり

▼会場に到着!
奈良大立山まつり

奈良大立山まつり

「第3回 あったかもんグランプリ」開催中!でしたが…
奈良大立山まつり

▼会場入りが遅かったので、ほとんどのブースが売り切れでした(;;)
奈良大立山まつり

▼御所市のゆるキャラゴセンちゃん!
奈良大立山まつり


▼こちらは、県内各地の「立山」を紹介するブース。
奈良大立山まつり

▼かぐや姫。(かぐや姫の物語は奈良が舞台になっているとも!)
奈良大立山まつり

▼古事記の有名なワンシーン!
奈良大立山まつり


▼各ブースの様子を遠目から撮影。
奈良大立山まつり

▼近くには遣唐使船の模型ライトアップもありました。
奈良大立山まつり

大極殿前の広場へ移動


奈良大立山まつり

御所市「鴨都波神社(かもつばじんじゃ)」の「ススキ提灯献灯行事」の演目が披露されていました。

奈良大立山まつり

巡る奈良のページには「ススキ提灯献灯行事」について、以下のように書かれていました。
鴨都波神社では7月16日の夏祭りと秋季大祭宵宮〈体育の日の前々日)に氏子地域から「ススキ提灯」と呼ばれる30基余りの提灯が奉納されます。これは奈良県指定無形民俗文化財でもあります。[中略]
地元では「鴨の宮」として知られる鴨都波神社では夏祭りと秋季大祭宵宮(体育の日の前々日)に五穀豊穣、家内安全、無病息災を祈願し、氏子地域から「ススキ提灯」と呼ばれる提灯が奉納されます。ススキ提灯とは、4.5mほどの竹製の支柱に横木を4本通し、先端から紐で連結し、提灯を2・4・4個を3段に組み立て、先端に御幣を施したもので、稲穂をかたどっていると伝えられています。最後には「鴨の宮若衆会」によるススキ提灯の練回しがあり、提灯を回したり肩に乗せたりと大いに盛り上がります。

奈良大立山まつり

四天王の巨大な「大立山」


大極殿前の広場の四隅には、四天王の「大立山」が置かれていました。
それぞれ背景には四季をあしらったデザインが施されています。(ちなみにこちらのデザインをされたのは、せんとくんの生みの親である薮内佐斗司さん)

▼持国天(春)
奈良大立山まつり

奈良大立山まつり

▼広目天(夏)
奈良大立山まつり

奈良大立山まつり

▼増長天(秋)
奈良大立山まつり

奈良大立山まつり

奈良大立山まつり

▼多聞天(冬)
奈良大立山まつり

奈良大立山まつり

『奈良大立山まつり』は来年も開催されるそうなので、毎年少しずつ大立山を増やして…いつか超巨大立体曼荼羅を作ってみるのもおもしろいかも…?
ちなみにこちらの四天王。まつりが終わった後は県庁の正面玄関と近鉄奈良駅に設置されるのだとか!(日常の空間の中に紛れたらどんな感じになるのか、個人的に気になります)

大立山巡行


19:30~は「舞太鼓あすか組」さん「DIA+」さんの太鼓演奏と共に「大立山巡行」が開始されます。
奈良大立山まつり

広場の各所から、四天王の大立山が引き手のかけ声と共に舞台前に集まってきます!
奈良大立山まつり

▼大立山が一斉にこちらを向いた瞬間、会場からは大きな歓声があがりました。
奈良大立山まつり

奈良大立山まつり

奈良大立山まつり

▼太鼓の演奏も迫力満点です!!
奈良大立山まつり

▼引き手の皆さん。寒い中本当にご苦労様ですm(_ _)m
奈良大立山まつり

「大立山巡行」の迫力は写真では伝えきれませんので、未見の方は是非とも来年会場に足を運んでみて下さい!

奈良大立山まつり

奈良大立山まつり
関連記事

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mahono28.blog.fc2.com/tb.php/280-5686b794
該当の記事は見つかりませんでした。