まいにち奈良づけ♪

奈良の話題を中心に、日々の出来事や制作の事などを気ままに綴っています♪奈良好きの方大歓迎です!
MENU

奈良の歴史を楽しく学ぶHP!『奈良歴史見聞録』

2   0

奈良の歴史を考える上で、まず思い浮かぶのは古墳時代・飛鳥時代・奈良時代などの古代史ですが…!
最近の私のマイブームは中世・近世の奈良の歴史を知る事です。

今読んでいる本の影響もあって、近世の大和川水運のことや竜門騒動に関してあれこれ調べたりしているのですが、古代だけでなく中世や近世の奈良の歴史も面白い!

▼そんな中(私にとって)タイムリーなHPが開設されました。
奈良歴史見聞録


その名も、奈良歴史見聞録!!

以下、産経ニュースより転載。
奈良の歴史を楽しく学ぼう 県がホームページ「奈良歴史見聞録」

 奈良の歴史を楽しみながら知ってもらおうと、奈良県文化資源活用課が新たにホームページ(HP)「奈良歴史見聞録」(http://rekishikenbun.pref.nara.jp)を開設した。担当者は「インターネットで手軽に、遊び感覚で奈良の歴史のおもしろさを感じてもらえれば」と話している。

 開設は先月19日。日本語だけでなく英語、中国語、韓国語と多言語でも表示している。奈良の歴史にまつわる人物や出来事の紹介、古地図や古文書の公開など“歴史ファン”以外も楽しめる内容となっている。

 江戸時代に奈良奉行所に勤めていた役人が書いた古文書「庁中漫録」の原文と、原文のくずし字を読みやすく活字化した文を同時に収録。当時活躍した筒井順慶や松永久秀、島左近など、戦国武将のエピソードのほか、主要社寺の縁起や由来を読むことができる。

 合わせて公開されている古地図では、春日大社や東大寺などのほか、よく見れば猿沢池やシカの絵も。詳しい史跡や町名の情報も表示されており、まるで当時の町を歩いているかのような気分になれるのが魅力だという。

 このほか、飛鳥・奈良時代に奈良で起きた出来事をクイズ形式で取り上げているページや、天武天皇や持統天皇など歴史の中心人物を取り上げた冊子を公開しているページもある。

 担当者は「さまざまな世代の人に奈良の歴史に興味を持ってほしい。奈良に来たことがない人が訪れるきっかけになればうれしい」としている。


『奈良歴史見聞録』では飛鳥・奈良時代はもちろんのこと、江戸時代に書かれた古文書「庁中漫録(ちょうちゅうまんろく)」に掲載されている資料を通して、当時の奈良の様子を知る事ができます。

和州奈良之図
奈良大学所蔵:天保十五年五月版 和州奈良之図(奈良歴史見聞録HPより)

奈良といえば古代史に目がいきがちですが、こうした時代の奈良にももっとスポットがあたるようになればいいなぁ〜なんて、勝手に思ってます。
関連記事

SHARE

2 Comments

ta says..."No title"
「奈良歴史見聞録」、いい勉強材料を紹介していただきました。
HPだとちょっと時間のあるときにチラ見できるので重宝します。
この時期、年度替わりでなかなか予定が立ちませんが、昨年の
又兵衛桜、千年桜に負けない奈良の桜を見てみたいものです。
また、up to dateな記事、楽しみにしています!
2016.03.21 17:09 | URL | #- [edit]
ヨシノ says..."No title"
●taさん●

>up to dateな記事
なかなか書けていなくてすみません(^^;)
そろそろ暖かくなってきたので、色々なところへでかけてブログも書きたいところなのですが…!

一日50時間くらい欲しいです〜〜(^o^)
2016.03.31 05:56 | URL | #Q1dH3vdw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mahono28.blog.fc2.com/tb.php/284-12fd9b68
該当の記事は見つかりませんでした。