まいにち奈良づけ♪

奈良の話題を中心に、日々の出来事や制作の事などを気ままに綴っています♪奈良好きの方大歓迎です!
MENU

『宝蔵寺の枝垂れ桜』 2016年3月31日(東吉野村)

2   0

桜満開!世間はすっかり春の陽気ですね〜♪

私はというと、中々桜を愛でる余裕も時間もなく(^^;)日々慌ただしく過ごしております…。
ですが、先月末に用事で東吉野村を訪れた際に「枝垂れ桜」が有名な東吉野村の『宝蔵寺(ほうぞうじ)』の前を通ったので、急ぎ足ではありますが桜の様子を見てきました!

宝蔵寺 枝垂れ桜 東吉野村

この日はまだ5ぶ咲きくらいだったので、今頃は見頃になっているのではないかな?と思います。
折角なので写真(2016年3月31日撮影)を載せておきます〜。

宝蔵寺 枝垂れ桜 東吉野村

『宝蔵寺』は天誅組池田謙治郎の菩提寺となっているお寺で、元は元は高野山真言宗不動院の支坊だったとのこと。
(参考URL:http://narajisya.blog.eonet.jp/mahoroba/2012/10/post-d900.html
写真はありませんが、本堂の裏の墓地には池田謙治郎のお墓もあります。
謙次郎は近江信楽谷郷士で、天誅組では軍資金を預かる役割をしていましたが、同村谷尻で紛失。その責任を負って22歳で自刃しました。

宝蔵寺 枝垂れ桜 東吉野村

樹齢約430年の立派な「枝垂れ桜」

宝蔵寺 枝垂れ桜 東吉野村

▼説明板
宝蔵寺 枝垂れ桜 東吉野村

説明板の内容は以下の通りです。
〜宝蔵寺の枝垂れ桜〜 (村指定天然記念物)

宝蔵寺の枝垂れ桜は樹齢約430年、奈良県下有数の枝垂れ桜です。

 NHK BSプレミアム番組の「秀吉が愛した桜 醍醐の花見物語」にて新しい発見が伝えられました。豊臣秀吉は慶長3年(1598)京都醍醐寺で史上空前の豪華絢爛な花見を催しました。その際、近江・山城・大和・河内から700本の桜を取り寄せたと記録に残っています。番組では、近畿各地の樹齢200年以上の桜のDNAを調べたところ、醍醐寺の枝垂れ桜と宝蔵寺の枝垂れ桜が遺伝的に近い関係にあることが判明し、宝蔵寺から運ばれた枝垂れ桜の子孫が醍醐寺で生きている可能性が非常に高いとの事でした。
 400年前、豊臣秀吉が眺めた桜と関係のある桜がこの地に咲き続けていることの感激と喜びを後世に伝えていきたいと思います。
 大切に見守ってください。

平成23年5月  東吉野村

宝蔵寺の桜の子孫が、今も醍醐寺で生きている可能性があるというのは興味深い話ですね!

宝蔵寺 枝垂れ桜 東吉野村

宝蔵寺 枝垂れ桜 東吉野村

宝蔵寺 枝垂れ桜 東吉野村

宝蔵寺 枝垂れ桜 東吉野村

宝蔵寺 枝垂れ桜 東吉野村

宝蔵寺 枝垂れ桜 東吉野村

▼別の説明板には「枝垂れ桜」についての細かな情報が書かれていました。
宝蔵寺 枝垂れ桜 東吉野村

内容は以下の通り。
東吉野村指定文化財[天然記念物]
宝蔵寺のシダレザクラ 平成元年3月指定

 シダレザクラ(Prunus pendula Maxim form)は、バラ科の落葉高木、イトザクラともいう。
 枝は長く垂れ下がり、春の彼岸のころ、葉の出るまえに淡紅白色の花を開く。
 地上0.5メートルの箇所の幹囲3.63メートル、2メートルの箇所で3.1メートルあり、樹高は約10メートル、枝張りは東西10メートル南北10メートル。ただし北へは1.5メートルで樹幹は南へ傾いている。幹には空洞があり傷みがひどい。
 本種は、エドヒガンの品種で、樹姿は見事であり、県内では最大であり、貴重である。

東吉野村教育委員会


能村登四郎の句碑

宝蔵寺 枝垂れ桜 東吉野村

東京都出身の俳人能村登四郎(のむらとしろう)が「霊地にて天降るしだれざくらかな」と詠んだ句碑が枝垂れ桜の近くに建っています。

二世の子桜

宝蔵寺 枝垂れ桜 東吉野村

更に奥には、宝蔵寺の31世和田良一和尚が「枝垂れ桜」の枝先を接木し、植付けをして育てたという「2代目の枝垂れ桜」も咲いています。

宝蔵寺 枝垂れ桜 東吉野村

宝蔵寺 枝垂れ桜 東吉野村

宝蔵寺 枝垂れ桜 東吉野村

宝蔵寺 枝垂れ桜 東吉野村

やや小ぶりではありますが、こちらも立派な花を咲かせています。

宝蔵寺 枝垂れ桜 東吉野村

宝蔵寺の枝垂れ桜については以下のページも参考になりますので、ご興味のある方は!
>>東吉野村・宝蔵寺のしだれ桜(産経新聞「なら再発見」第22回)


■『宝蔵寺』の情報



住 所 :奈良県吉野郡東吉野村大字木津8-1
お問合せ:0745-83-2248 (法正寺〈宝蔵寺への連絡はこちらへ〉) 
拝観料 :無料
拝観時間:いつでも可
駐車場 :あり(無料)
アクセス:【電車】近鉄榛原駅よりバス約50分、「宝蔵寺」下車すぐ。
     【車】名阪国道針ICよりR166を約30分。

■枝垂れ桜の情報
見頃:4月上旬~中旬
種類:エドヒガン
本数:2本
ライトアップ:有(日没~22:00予定)
関連記事

SHARE

2 Comments

カチャーチャン says..."No title"
昨年この前を通った時には花は終わっていた頃、今年もおそらくは花の終わった頃になりそう。
しっかりと花の時期に尋ねられれば一番ですがなかなかタイミングが・・・。
2016.04.06 12:51 | URL | #- [edit]
ヨシノ says..."No title"
●カチャーチャンさん●

花の命が短いからこそ風情を感じたり、満開の桜により感動したりするのですが…その分、タイミングが本当に難しいですよね(^^;)
私もまだ宝蔵寺の桜は満開の時に見た事がありません。
また来年、リベンジできたらと思います!
2016.04.07 11:14 | URL | #Q1dH3vdw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mahono28.blog.fc2.com/tb.php/286-f05e09b5
該当の記事は見つかりませんでした。