まいにち奈良づけ♪

奈良の話題を中心に、日々の出来事や制作の事などを気ままに綴っています♪奈良好きの方大歓迎です!
MENU

絶品の葛餅が頂ける!『ちゃつぼ 芳魂庵』(吉野山)

0   0

以前の記事「「くず花」を食べるために吉野山へ!」の続きです。

近鉄吉野駅から山道を登り、ようやく目的だったお店『ちゃつぼ 芳魂庵(ほうこんあん)』さんに到着しました。

お店の外観


創業50年以上という『芳魂庵』さん。
老舗お茶屋さんという名にふさわしく、どこか懐かしく落ち着く雰囲気のお店です。

吉野山

以前の記事にも書きましたが、ならまちにあるお菓子屋さん「プティ・マルシェ&ぶちまるカフェ」のオーナーさんと『芳魂庵』のご主人はご親戚なのだそう!
(『芳魂庵』さんと「プティ・マルシェ&ぶちまるカフェ」さん。どちらも大好きなお店なので)ぷちまるさんからそのお話を聞いた時は驚きでした。

お店の内観など


▼入り口の商品ディスプレイ。
ちゃつぼ 芳魂庵 吉野 葛

▼渋い雰囲気の招き猫がお出迎え。
ちゃつぼ 芳魂庵 吉野 葛

店内に入るとお店の方の姿が見えませんでしたが、ふと下方に目を移すと呼び鈴が置かれていました。

▼呼び鈴。
ちゃつぼ 芳魂庵 吉野 葛

鈴を鳴らすと、すぐにご主人が出てきてくださいました!

▼店内は落ち着いた和の雰囲気。
ちゃつぼ 芳魂庵 吉野 葛

いつもは畳の座敷に座らせて頂いていましたが、この日は天気も良かったのでテラス席へ。

▼テラス席からは「金峯山寺」の「蔵王堂」が望めます!
ちゃつぼ 芳魂庵 吉野 葛

いただきます!


「くずきり」も絶品なので迷いましたが、今日の目的は「くず花(くず餅)」です!
メニュー表を眺めている時に、ご主人も「くず花」をオススメして下さったので間違いありません。

『芳魂庵』さんの葛のお菓子は地元吉野にこだわって作られています。
もちろん使われるのは本葛(よくスーパーなどで「吉野葛」と書かれたものが売られていますが、ほとんどが葛100パーセントではなく、デンプンなどが混ぜられています)で、注文を受けてから手作りされています。
本物の「くず餅」や「くずきり」は鮮度の落ちるのが早いので、”作りたて”でしかこの味をいただくことはできません。

注文をしてからしばらく待っていると、ついにお目当の品が登場しました!

▼「抹茶とくず花(くず餅)のセット(700円)」
ちゃつぼ 芳魂庵 吉野 葛

ぷるぷるの葛の中には絶品のあんこがたっぷり。
こちらのあんこも自家製で、甘すぎずちょうどいい塩梅に仕上がっているのです!
上品なお味で本当に美味しい!!

▼この"ぷるぷる感"が伝わりますでしょうか?
ちゃつぼ 芳魂庵 吉野 葛

写真はありませんが「くずきり」も何度か食べさせていただいたことがあるのですが、こちらももちろん絶品です。
別の方のブログ情報によると、くずきりを吉野山で販売されたのは『芳魂庵』さんが最初なのだとか。
歴史に培われた本物の味!!

▼「冷やし抹茶」もあります。
ちゃつぼ 芳魂庵 吉野 葛

「冷やし抹茶とくず花(くず餅)のセット」は750円です。

▼ご主人さんのご好意できな粉をまぶしたくず餅も出してくださいました。
ちゃつぼ 芳魂庵 吉野 葛

くず餅のきな粉も自家製で、近くの畑で大豆から育てているそうです!しかもきな粉に砂糖を使われていないので、大豆の風味がとてもよく感じられます。くず餅がほんのり甘くて、きな粉との相性も抜群です。

こだわり抜いた『芳魂庵』さんの「くず餅」や「くずきり」。吉野山に来たら、ぜひとも味わっていただきたいです。

『ちゃつぼ 芳魂庵』さんの情報

住 所  :奈良県吉野郡吉野町吉野山550
電話番号 :0746-32-8207
ファックス:0746-32-8207
営業時間 :9:00~17:00(通常)
      9:00~18:00(観桜期)
定休日  :不定休

サイト  :ちゃつぼ 芳魂庵
関連記事

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mahono28.blog.fc2.com/tb.php/335-a66c747c
該当の記事は見つかりませんでした。