まいにち奈良づけ♪

奈良の話題を中心に、日々の出来事や制作の事などを気ままに綴っています♪奈良好きの方大歓迎です!
MENU

道の駅『十津川郷』(十津川村)

0   0

道の駅紹介企画第二弾!
今回は日本一大きな村。十津川村にある道の駅『十津川郷』をご紹介したいと思います。

道の駅 十津川郷

こちらの道の駅もネット上であまり詳細な情報を見つけられなかったので、なるべく写真を多めに掲載しておきます!
十津川村観光の際、参考にしていただければと思います。

外観など


▼駐車場から道の駅を撮影
道の駅 十津川郷

建物の外観ですが、道の駅の為に新しく建設したというより、何かの施設を改装して道の駅にしたのかな?という印象を受けました。(実際には違うかもしれませんが;)

▼役場とか学校とか…そんな雰囲気があります。
道の駅 十津川郷

▼向かって左側から撮影
道の駅 十津川郷

▼(手前)お手洗い。(奥)自動販売機とベンチがあります。
道の駅 十津川郷

▼向かって右側から撮影
道の駅 十津川郷

▼十津川村周辺案内地図
道の駅 十津川郷

足湯

道の駅の敷地内には足湯もあります!

道の駅 十津川郷

長時間の運転で疲れた時や、寒い季節の時などは足湯は特にありがたいですね〜。

道の駅 十津川郷

▼足湯の説明
道の駅 十津川郷

この湯は湯泉地(とうせんじ)温泉です

十津川村には三つの温泉(上湯・十津川・湯泉地)が湧いており十津川温泉郷と呼ばれ温泉の効能や環境がすぐれていることから環境庁指定国民保養温泉地に指定されています。
ここ湯泉地温泉はその中でも最も歴史のある温泉地です。
宝徳二年(1450年)に湧出し、昔ここへ湯治に訪れた歴史上の人物に佐久間信盛(1581年)、本願寺門跡、顕如上人
(1586年)、郡山城主、豊臣秀保(1595年)などがあります。
心優しい旅人と村人に守られて今日まで愛されつづけているのどかな温泉地です。

泉質=単純硫黄泉
泉温=60度
効能=神経痛・うちみ・痔病・皮膚病など

説明文から、歴史上の人物も訪れた由緒ある温泉であることがわかります。

道の駅 十津川郷

過去湯治に訪れた人々にも思いをはせながら、しばし足湯の時間を楽しみました。

内観など


ここからはいよいよ道の駅の建物の中に入っていきます。
この建物は2階建てですが、地下1階もあります。
地下部分の写真はないのですが、HPによると地下には「山里の文化 むかし館」という施設があり、昔の山道具や筏の模型が展示されています。また、「からくりシアター」では音と映像で十津川郷の紹介がされています。
入館料は無料で、営業時間は9:00〜17:00(入館は16:00まで)とのことです。

▼入り口を入って正面。ソフトクリームの販売スペースとレジがあり、パンフレット類がたくさん置かれています。
道の駅 十津川郷

▼入り口付近から内観全体を撮影。奥には「喫茶コーナー」もあります。
道の駅 十津川郷

▼「喫茶コーナー」のメニュー表
道の駅 十津川郷

「喫茶コーナー」の営業時間は、4月〜11月が8:30~17:00。12月〜3月は9:00~16:30となっています。
「モーニングセット(550円)」は11:00までの提供です。

メニューはこちら

▼入り口に入ってすぐ右側では植物が販売されています。
道の駅 十津川郷

▼弁当類
道の駅 十津川郷

日によって変わるようですがこの日置かれていた(残っていた)のは、ミックスサンド、柿の葉寿司、トンカツ弁当、さんま寿司、幕の内弁当でした。
こちらの棚に関してはFacebookを参考にしてみると良さそうです。

▼はちみつの他、美容と健康に良い素材で作られた「蕎麦美スコッティ」という商品が並んでいます。
道の駅 十津川郷

▼しいたけのダシが効いた(!?)お茶菓子、まんじゅうの詰め合わせ
道の駅 十津川郷

まんじゅうの詰め合わせはお土産に買って帰りました。

▼鮎・鮎の内臓・山菜などが入ったみそ、五條の卵
道の駅 十津川郷

▼十津川の梅干し、金山寺味噌
道の駅 十津川郷

▼あんなしの餅は人気商品のようで、あと残り1つ!
道の駅 十津川郷

▼ゆうべし
道の駅 十津川郷

不思議な珍味。十津川の「ゆうべし」もお土産に買って帰ったので、また機会があればご紹介します!

▼しじみのおつまみ、どら焼き、げんこつ飴、草だんごなど
道の駅 十津川郷

▼幻の柑橘といわれる「じゃばら」を使用した商品、焼き菓子など
道の駅 十津川郷

「じゃばら」は和歌山県東牟婁郡北山村原産の柑橘類で、果汁にはフラボノイド成分が豊富に含まれており、花粉症の症状改善の効能が報告されているそうです。
そういえば、花粉症対策にとじゃばらのジュースを頂いたりしたことがありました。

▼手作りの雑貨類など
道の駅 十津川郷

▼本、CD、雑貨など
道の駅 十津川郷

▼工芸品など
道の駅 十津川郷

▼飲み物も様々な種類が販売されています。
道の駅 十津川郷

▼日用雑貨、おつまみ、菓子類
道の駅 十津川郷

▼そば茶、ラー油、鮎の甘露煮など
道の駅 十津川郷

▼手作りこんにゃく、鮎のこんぶ巻など
道の駅 十津川郷

▼調味料、インスタントラーメンなど
道の駅 十津川郷

▼十津川名産のきのこ類
道の駅 十津川郷

市販されているものより大きくて、食べ応えがありそうです!

▼味噌類
道の駅 十津川郷

▼北海道にある新十津川村の商品も置かれていました。
道の駅 十津川郷

新十津川村については、いつか別記事で詳しくやってみたいと思います。

▼新十津川村アイスミルク
道の駅 十津川郷

バニラ、あずき、かぼちゃ、ごま、ゆず、とうもろこし、地酒味の他、笹味というものまで!(一体どんな!?)

▼スナック菓子、ガム、飴など
道の駅 十津川郷

▼十津川まんじゅう
道の駅 十津川郷

▼十津川カステラスク
道の駅 十津川郷

▼十津川村のゆるキャラがモチーフになった「郷士くん煎餅」など
道の駅 十津川郷

▼葛らむね
道の駅 十津川郷

▼新十津川村の商品がずらり。とうきびチョコレート、パイまんじゅうなど
道の駅 十津川郷

▼じゃばら商品、北海道ラーメン、葛餅、栃餅など
道の駅 十津川郷

▼生姜棒、ごぼう菓子、かりんとう
道の駅 十津川郷

▼パン、ドーナツなど
道の駅 十津川郷

▼「フジナチュラルフーズ 」という栃木県のメーカーさんの商品のようですが…なぜここに!?(食べログ
道の駅 十津川郷

▼木工品、手芸品
道の駅 十津川郷

そば処「行仙(ぎょうぜん)」

売店の2階にはそば処「行仙」という「挽きたて・打ちたて・茹でたて」の手打ちそばを提供するお店もあります。

道の駅 十津川郷

▼メニュー表など
道の駅 十津川郷

お蕎麦屋さんですが、おうどんも出しておられるようです!
ちなみに、「かちんそば」「かちんうどん」とは餅が入ったお蕎麦・おうどんのことです。

メニューはこちら

道の駅『十津川郷』の情報

住所   :奈良県吉野郡十津川村小原225-1
電話番号 :0746-63-0003
ファックス:0746-62-0100
営業時間 :8:00~17:30
      8:30~17:00(11月〜3月末) 
休館日  :原則無休
     ※年末年始(12月31日~1月2日)は休館します
     ※トイレ・駐車場・公衆電話は24時間利用できます

サイト  :道の駅「十津川郷」
      Facebook
関連記事

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mahono28.blog.fc2.com/tb.php/350-edbae665
該当の記事は見つかりませんでした。