まいにち奈良づけ♪

奈良の話題を中心に、日々の出来事や制作の事などを気ままに綴っています♪奈良好きの方大歓迎です!
MENU

今更ですが…『長岳寺の地獄絵図と紅葉』2015

4   0

今更記事第2弾です。
昨年の今頃、狩野山楽筆の大地獄絵を見ようと『長岳寺』へ行ってきました。
長岳寺といえば花のお寺として「平戸つつじ」が有名ですが、紅葉もとても美しいです。この年(2015年)は残念ながら寒暖差が少なく、住職さんも「紅葉の色づきがあまり良くない」とおっしゃっていましたが…。
今年はきっと素敵に色づいた紅葉の景色が見られるんじゃないかと思います!

▼大門
長岳寺 2015 紅葉

長岳寺は見所満載のお寺で見るべき文化財も多いのですが、個人的にテンションが上がるのが”にゃんこパラダイス”のお寺であるということ!

長岳寺 2015 紅葉

そこかしこに、にゃんこがごろごろ転がっています。

▼受付にゃんこ
長岳寺 2015 紅葉

▼庫裏(旧地蔵院)
長岳寺 2015 紅葉

▼気持ちよさそうに眠っています。
長岳寺 2015 紅葉

▼綺麗なお庭。廊下の奥には「延命殿」があります。
長岳寺 2015 紅葉

▼室町時代の書院造りの様式。こういう部屋に住みたい。
長岳寺 2015 紅葉

昔から和室が好きで、私が中学生くらいの頃家のリビングをリフォームをすることになったのですが、その時一人だけ「フローリング絶対反対!!」と反抗しました。結局畳が剥がされてフローリングの部屋になってしまいましたが、未だに畳が良かったと思ってます^^;

▼庫裏には食堂もあって、そうめんやにゅうめんもいただけます!
長岳寺 2015 紅葉

お寺(しかも重要文化財の建物内)で三輪素麺がいただけるという贅沢。以前天理を歩くツアーに参加した際にこちらでお食事させていただいたのですが、その時の写真が見つかりませんでした。残念。

▼日本最古の鐘門である「鐘楼門」。
長岳寺 2015 紅葉

長岳寺 2015 紅葉

▼放生池越しの本堂
長岳寺 2015 紅葉

▼本堂
長岳寺 2015 紅葉

▼本堂の入り口付近
長岳寺 2015 紅葉

本堂内では期間限定で「極楽地獄図」が開帳されています。
開帳期間は2016年10月23日(日)~11月30日(水)です。

地獄絵図
(画像は「なら旅ネット」より)

極楽地獄図

長岳寺に伝わる地獄図です。法量の大きさ、図柄の精緻さ、各場面の描写の素晴らしさ、内容の豊かさは他に例を見ません。9幅の軸から構成されていますが、全体が1枚の絵となっています。 内容は図の上部全体に十王裁判図(合わせて十三仏)、図の中程から下部にかけて、冥界の入り口である墓地、罪問間樹、死天山、三途の川、奪衣婆、賽の河原、八大地獄、餓鬼道、畜生道、修羅道など、すざましい情景が描かれ見る者の心胆を凍らせます。 第9軸は様相が一変して、極楽より阿弥陀如来が聖衆を引き連れて極楽往生する人を迎えにくる、いわゆる聖衆来迎図となっています。
元々、この絵を使って絵解きがされたものと思われます。祭礼、法要のあとに多くの参詣人を対象に解かれ、その目的は方便として因果応報を解くことによって勧善懲悪の教えを説き、またあわせて先祖供養、中陰、逮夜、年忌の意義を説いたと考えられます。
しかし今、私達がこの図をみて感じることや図本来の意味は、来世のことや、また運命決定論的な前世の因縁を説くことにあるのではなく、この図はまさしく現世(人間界)を告発している図であるということでしょう。
この図に示される、すざましい三悪道(地獄、餓鬼、畜生)や修羅道の世界は形を変えてすべて我々の世界に存在するのです。 戦争というすざましい殺戮と大灼熱の地獄、飽くなき欲望に囚われて人を傷つけ、また自らも傷つき大いなる生命の源である自然破壊をも行う餓鬼道、相手の思いを理解できず猜疑心にとらわれた畜生道、激烈な競争社会で相手を殲滅するまで合い争う修羅道。 そして一念十界の教えの如く、私達の心の中に仏心もありますが、恐ろしい地獄の鬼の心や、醜く浅ましい餓鬼や畜生の心、心怒らせる修羅の心などが内在していることを示しているのです。
長岳寺では、毎年、10月23日から11月30日まで本堂にてこの図が掛けられ、住職の現代風絵解き「閻魔の嘆き」「六道思想を現代に問う」が行われます。その頃は長岳寺境内1万2千坪に亙って、紅葉の錦が美しく彩ります。


9幅の軸に絵が描かれていて、全体で一枚になっています。大きさもさることながら、阿鼻叫喚!大迫力の地獄図に圧倒されます。この日は平日だったため住職による絵解き説法は行われない予定でしたが、ちょうど団体客の方々が来られてので一緒に(紛れて)絵解き説法を聞くことができました。ラッキーです♪

地獄図が素晴らしいのはもちろんのこと、阿弥陀三尊像もとても見ごたえがありました。中尊は整った顔立ちで、慶派に大きな影響を与えたというのも頷けます。しかも、藤原時代の作で玉眼を用いた仏像としては日本最古!体内に仁平元年作の墨書銘があり、仏像の歴史を考える上でもとても貴重な像となっています。
これは是非とも生で見ていただきたいです!

▼放生池に差し込む光
長岳寺 2015 紅葉

▼石板に彫られた不動明王像
長岳寺 2015 紅葉

▼池のほとりの地蔵像
長岳寺 2015 紅葉

散策中に出会ったカメラマンさんともお話ししましたが、この年はどの紅葉の名所もあまり綺麗ではなかったそう。

長岳寺 2015 紅葉

長岳寺 2015 紅葉

▼拝殿
長岳寺 2015 紅葉

▼弥勒大石棺仏
長岳寺 2015 紅葉

弥勒大石棺仏は古墳の石材を利用したもので、法量は2メートル近い如来形です。

▼大門を抜けて外へ(写真は外側から大門を撮ったところ)
長岳寺 2015 紅葉

門を抜けたところには「樹齢何年だろう??」と思わず目を見張る立派な木があります。

長岳寺 2015 紅葉

▼木の根元には沢山の石仏が置かれています。
長岳寺 2015 紅葉

長岳寺境内を抜けて、さらに西へと進みます。

長岳寺 2015 紅葉

約1kmほど歩いたところに長岳寺の飛び地境内があり、そこには「五智堂(傘堂あるいは眞面堂とも)」と呼ばれる鎌倉時代の建物が建っています。葛城市の傘堂にもよく似た建物ですね。

▼心柱上部に四佛の梵字額があり全体で五智如来をあらわしています。
長岳寺 2015 紅葉

「五智堂」についてはまた改めて記事にしたいと思います。

『長岳寺』の情報

住   所:奈良県天理市柳本町508
宗   派:高野山真言宗
本   尊:阿弥陀三尊
電話番号 :0743-66-1051
拝 観 料:大人 350円/大学生・高校生 300円/中学生 250円/小学生 200円
      ※団体客はそれぞれ50円引き
拝観時間 :9:00~17:00(年中無休)
      ※受付は17:00まで
駐 車 場:あり(30台/無料)
アクセス :JR 近鉄 桜井駅からバス長岳寺前下車 徒歩約10分
      JR 柳本駅から 徒歩20分
      西名阪自動車道天理ICから国道169号を南へ約6km
花ごよみ :4月下旬〜5月上旬 平戸ツツジ
      5月上旬〜5月中旬 カキツバタ
      9月下旬〜10月上旬 酔芙蓉(スイフヨウ)
      11月中旬〜11月下旬 紅葉
行祭事  :1月10日 節会
      3月21日 春期彼岸法会
      4月21日 釜の口れんぞ・大法会
      9月21日 秋期彼岸法会
      10月23日〜11月30日 大地獄絵開帳
      12月31日 除夜の鐘

サ イ ト:高野山真言宗 長岳寺
関連記事

SHARE

4 Comments

カチャーチャン says...""
春先の桜、ツツジ、ゴールデンウイーク頃の杜若、秋のモミジと花も沢山見ろことが多くその頃は山辺歩きにも最適な季節、本堂に上がって玉眼の神仏を見上げて一寸瞑想なども良いものですが最近は休みの日は団体さんなども多くてゆっくり出来ないのが一寸残念、地獄絵図葉死後の世界と仏による救済の絵解きをしているもので迫力は中々のもの、悪いことをすればこうなるよと教えられそうですが私は今になっては手遅れかもしれなせん。
2016.11.25 12:53 | URL | #- [edit]
ヨシノマホ says..."Re: タイトルなし"
●カチャーチャンさん●

長岳寺は本当に見所の多いお寺ですね。四季折々に楽しめる自然、歴史的・美術的価値の高い仏像、そして三輪素麺と猫たち。
個人的に本尊のポストカードを購入したかったのですが、受付に尋ねてみると現在欠品中(当時)とのことでした。
住職さんが発注してくださればまたお寺に並ぶと言っておられたのですが、今はもう販売してくださっているのかな?
またツツジの季節に山辺の道を散策がてら立ち寄りたいと思います。
地獄に行かなくてもいいように、私も日頃から悪いことをしないように気をつけたいと思います(^o^;
2016.11.25 17:13 | URL | #- [edit]
ta says...""
懐かしい・・・
平成26年の10月25日に私も行きましたよ。その時も確かに「にゃんこパラダイス」でしたが、一対一のにらみ合いも目撃できて面白かった。「フー、フー、フギャアー」、今でも笑っちゃいます。
庫裏の奥の普賢菩薩、台座が凄い数のぞうさんたちだったのを覚えています。そして、大地獄絵。
細やかな描写に食い入るように眺めていると、知らず知らず身を乗り出しちゃうんですよね。
そしたら、まさしく地獄のようなベルの警報音。長岳寺さん、センサーの感度、よすぎますよ!
山辺の道は、欲張らず、時間を忘れて歩くことができれば最高ですね。四季それぞれのよさがあるけど、
やっぱり秋が好きかな。
2016.11.25 17:56 | URL | #- [edit]
ヨシノマホ says..."Re: タイトルなし"
●taさん●

taさんも行かれましたか!
> 「フー、フー、フギャアー」、今でも笑っちゃいます。
にゃんこちゃん達には癒されますね〜^^重要文化財の中でグーグー寝ている姿も微笑ましく。文化財の柱で爪を研いだりしないかと若干心配にはなりましたが;

> 庫裏の奥の普賢菩薩、台座が凄い数のぞうさんたちだったのを覚えています。
http://blog-imgs-100.fc2.com/m/a/h/mahono28/IMG_6297.jpg
この像ですね!写真を撮ったのに記事には載せてなかったですが、私も象の数に驚きました!色彩も綺麗に残ってますね〜。

> そしたら、まさしく地獄のようなベルの警報音。長岳寺さん、センサーの感度、よすぎますよ!
そんなことがあったんですか!(笑)地獄にはあまり近ずき過ぎないようにということですね…
そういえば、TV見物記でみうら・いとう両氏が長岳寺を訪れた際にもそんなシーンがあったような??

> やっぱり秋が好きかな。
私も山辺の道散策は秋が一番好きです。柿もたくさん実っていて風情もいいですし、気候もちょうど良く。
これから寒くなるので外に出るのが億劫になってきますが;冬のイベントも沢山あるので困ります(笑)
2016.11.26 10:52 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mahono28.blog.fc2.com/tb.php/363-d1ce51e8
該当の記事は見つかりませんでした。