まいにち奈良づけ♪

奈良の話題を中心に、日々の出来事や制作の事などを気ままに綴っています♪奈良好きの方大歓迎です!
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

大安寺『光仁会(癌封じささ酒祭り)』(奈良市)

4   0

1月23日。今日は奈良市にある「大安寺」にて『光仁会(癌封じささ酒祭り)』が行われる日です。
毎年気になりながらも仕事で行くことができなかったのですが、今年はお休みと行事日が重なりましたので朝から大安寺へ向かうことにしました。

実は先日とても辛い出来事があったので外出しようかどうかとギリギリまで悩んでいたのですが…、じっとしている方が色々と考えてしまうと思い、結局出かけることにしました。

ささ"酒"祭りということもあり、お酒を飲まれる方も多いので皆さんバスで来られていましたが、車で来られる方は(祭りの当日は)大安寺の駐車場を利用することができないのでご注意ください!
車のは大安寺から徒歩5〜10分ほどのところにある「ザ・ビッグエクストラ」に駐車させてもらえます!

▼入り口の南大門
大安寺 ささ酒祭り

▼拝観とささ酒の受付。料金は500円です。
光仁会 大安寺 笹酒祭り

▼ささ酒用の竹の器
大安寺 ささ酒祭り

こちらの竹の器に後でささ酒を頂きます。

大安寺 ささ酒祭り

ささ酒の接待の様子は最後に載せたいと思いますが、まずは『光仁会(癌封じささ酒祭り)』とは一体どんな祭りなのか?「大安寺」のHPより転載させていただきます。

光仁会(癌封じささ酒祭り)

 桓武天皇が文武百官を伴い、先帝光仁天皇の一周忌の齋会を大安寺で営まれたという『続日本紀』の故事により、毎年一月二十三日に光仁会が行われます。

 この法会は風雅な青竹づくしの祭儀で光仁天皇ゆかりの、「笹酒」の接待が行われます。「がん封じの笹酒」として、広く知られています。

 光仁天皇は不遇な白壁王時代に、しばしば大安寺の竹林にて浄竹を伐り、酒を注いでお召しになり、中国の故事にいう「林間酒をあたためる」風流を催されて無病息災を保たれました。実に六十二歳という当時破格の高齢で帝位につかれ、七十三歳まで在位されたのです。この帝にあやかって悪病難病を封じ、健康に過ごそうと催されるのが笹酒祭りです。

 この日はがん封じの御祈祷と、笹酒の薬効が相俟って、御利益あらたかであり、遠近からの参詣者で境内はあふれます。古都奈良の新春の風物詩となる行事です。

 竹は漢方薬にも竹瀝・竹茹・竹黄などにみられるように多様に使われ、現代薬学からみてもビタミンC・K・Eをはじめ、クロロフィルやカルシウムを含有しており、健康によいとされています。


▼奥に見える「本堂」の左手前には竹林があります。
大安寺 ささ酒祭り

▼本堂には祈祷を受けられる方が沢山おられました。
大安寺 ささ酒祭り

▼収蔵庫方向を撮影
大安寺 ささ酒祭り

▼収蔵庫
大安寺 ささ酒祭り

▼持ち帰り用の「ささ酒」の販売所もあります。
大安寺 ささ酒祭り

▼境内には出店もいくつか出ていました。
大安寺 ささ酒祭り

▼色とりどりの大福!
大安寺 ささ酒祭り

▼あったかい「くず湯」
大安寺 ささ酒祭り

▼試飲をさせていただきましたが、美味しくて冷えた体もポカポカ温まりました。
大安寺 ささ酒祭り

▼境内の外にも「焼き栗」「ベビーカステラ」「大判焼き」の出店がありました。
大安寺 ささ酒祭り

ささ酒の接待


最後に、ささ酒の接待の様子を幾つか載せておきます。

▼お酒が飲めない方は左側に立っておられる方から「笹水」の接待を受けることができます。
大安寺 ささ酒祭り

▼お酒は竹の筒に入れて焚き火で温められていました。
大安寺 ささ酒祭り

▼アップ
大安寺 ささ酒祭り

以下、皆さんが接待を受けられる様子です。
動画はこちら→

大安寺 ささ酒祭り

大安寺 ささ酒祭り

大安寺 ささ酒祭り

大安寺 ささ酒祭り

大安寺 ささ酒祭り

『光仁会(癌封じささ酒祭り)』は8時~16時まで開催されているのですが、私が大安寺を訪れたのは8時30分頃だったのでまだ人出はまばらでしたが、帰り道でかなり沢山の参拝者の方とすれ違ったので、この後境内はかなり賑わったと思われます。

この後近くの史跡や古墳なども巡りましたが、その様子についてはまた後日。


大安寺『光仁会(癌封じささ酒祭り)』の情報

住所   :奈良市大安寺2-18-1
電話番号 :0742-61-6312
ファックス:0742-61-0473
開催期間 :1月23日(月)
      8:00~16:00
料金   :拝観料/境内散策自由
      ご祈祷料/3,000円~
      拝観・笹酒/500円

サイト  :癌封じ祈祷 南都七大寺 大安寺ホームページ
関連記事

SHARE

-4 Comments

カチャーチャン。 says...""
笹酒祭り、先日の月曜日でしたね、もう一度笹酒をいただける祭りが6月23日に此方は竹供養として行われます。
何方も竹に入れたお酒を焚き火で温めて竹製の猪口でいただけますが車で行くと笹水になります、「私は何時も笹水ですが」夏の方は色んな出し物があったりしますが何方も賑わいます。
ときには何倍もおかわりをしている方も、又ポットに入れて持ち帰る方も見かけましたが・・・。
2017.01.25 12:38 | URL | #- [edit]
ヨシノマホ says..."Re: タイトルなし"
●カチャーチャンさん●

> 笹酒祭り、先日の月曜日でしたね、もう一度笹酒をいただける祭りが6月23日に此方は竹供養として行われます。
そういえば!竹供養の際も笹酒をいただけましたね〜。
毎年知人の方がいかれているので写真では拝見していますが、実際に行ったことはまだないです。

夏はまた違った賑やかな雰囲気で楽しそうですね!
何杯もおかわりするのは…大丈夫なのでしょうか^o^;!?
2017.01.26 18:06 | URL | #- [edit]
ta says...""
光仁会の様子、手に取るように分かりました。ありがとうございます。
ささ酒がいただけることは知っていましたが、こんなに賑やかな行事とは
まったく知りませんでした。昨年、北村酒造さん(吉野町)の
「小角」に出会ってからいっそう奈良のお酒に興味津々の小生、
いつかは行ってみたい行事の1つです。竹の香が移ったぬる燗?なんて
どんなお味か想像できないなあ。酒は百薬の長、ましてやささ酒なんて、
私も長寿のご縁にあやかりたいものです。
2017.01.27 18:10 | URL | #- [edit]
ヨシノマホ says..."Re: タイトルなし"
●ta さん●

出店もあって、楽しい雰囲気のお祭りでした〜。
車で出かけたのでお酒は飲みませんでしたが、実際飲んでみたらどんな味だったのか…
次回は電車とバスでお出かけしようと思います^^

> 「小角」に出会ってからいっそう奈良のお酒に興味津々の小生、

お酒の耐性がほとんどないので普段はお酒を飲んだりしないのですが、老舗の酒蔵なんかにお邪魔して少し飲ませていただくのは大好きです!
いつか奈良の酒蔵めぐりもしてみたいですね〜。(巡るのは危険かな?)
今月9日に行われていた「菩提酛清酒祭」も行ってみたかったのですが、また機会があればリベンジ致します!
2017.01.28 11:34 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mahono28.blog.fc2.com/tb.php/377-bb1f00e6
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。