まいにち奈良づけ♪

奈良の話題を中心に、日々の出来事や制作の事などを気ままに綴っています♪奈良好きの方大歓迎です!
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

東京観光(東京で奈良を見つける)

1泊2日で久々に東京へ行ってきました!
とある目的があって出かけたのですが、それが終わった後は自由行動なので東京をブラブラと観光。東京に来ても奈良のことを考えてしまう私は(相手にわがままを言って;)まずあの場所へと向かいました。

奈良まほろば館

東京に来たらこの場所は外せません!
奈良まほろば館についてはまた別記事で書こうと思いますが、館内のパンフレットの充実ぶりが半端なく、大量に貰ってしまいました。これから東京観光するというのに、初っ端から重いパンフレットの山を抱えて歩くことに…(^o^;)

奈良まほろば館 東京

ちなみに2009年に書いた記事も参考までに〜。
>>奈良まほろば館in東京

インターメディアテク

パンフレットを抱えたまま、次は気になっていた東京駅近くの無料博物館「インターメディアテク」へ!撮影禁止なので写真はありませんが、ネット上に紹介動画がありました。

▼館内はこんな感じです。


IMTとは

日本郵便株式会社と東京大学総合研究博物館が協働で運営をおこなう公共貢献施設が丸の内JPタワー内にオープンしました。施設の位置する旧東京中央郵便局舎は、昭和モダニズムを代表する歴史建築として知られていた5階層のビルで、その2・3階部をミュージアム・スペースとして改装し、誕生したのが「インターメディアテク」(IMT)です。この呼び名は、各種の表現メディアを架橋することで新しい文化の創造につなげる「間メディア実験館」に由来します。その活動の舞台となるのは、東京大学が1877(明治10)年の開学以来蓄積してきた学術標本や研究資料など、「学術文化財」と呼ばれるものの常設展示です。歴史的な遺産を、現代の都市空間のなかで再生させるデザイン技術は、「インターメディアテク」の展示の見所のひとつです。特別展示やイベントでは、大学における最先端科学の成果や各種表現メディアにおけるユニークな創造を、常設展示の世界観と融合させながら、随時公開します。この施設では、大学の主導する教育研究活動の一環として、これまでにない複合教育プログラムを実践するとともに、教育研究の成果を広く伝えるための、オリジナルグッズの開発販売もあわせておこないます。

レトロな雰囲気で重厚感のある館内。見応えも抜群で、この内容で無料というのですから驚きです!!

中には秋篠寺の仏像を参考にして造られた展示物もあり、これには更にテンションが上がりました♪日本の古地図も展示されていたのですが、もちろん大和国をつぶさに観察したことは言うまでもありません!

東京駅

以前東京駅へ来た時は外観を見ることがなかったのですが、今回はしっかり写真に収めてきました。

東京駅

東京駅の設計者といえば辰野金吾がですが、辰野金吾という名前を聞くとまず私が思い浮かべるのが奈良ホテルです!

以下、奈良ホテルHPより引用。
関西の迎賓館と云われ、国賓・皇族の宿泊する迎賓館に準ずる施設となっていました。 本館の建築には、東京駅や日本銀行本店などを手掛けた建築家 辰野金吾氏が担当し, 雅な大和の街並みとの親和性も高く、瓦葺き建築で、内装は桃山風の豪奢・華麗な意匠で、重厚感溢れ、和洋折衷の美しい佇まいは今も変わらず魅力的です。 建築後は、時代にも翻弄された歴史があり、ただどの時代の人たちも変わらず、このホテルを残そうという思いは、今に引き継がれております。

ちなみに奈良ホテルでは現在耐震化のための大規模な工事が行われています。約3年間かけて行われるそうですが、営業は継続されるとのこと!
一度は泊まってみたいホテルの一つです。

スカイツリー

634mという超高層建造物のスカイツリーも奈良と無縁ではありません!

こちらの「1300年前の技術が支える東京スカイツリー」というページを見ていただきたいのですが、スカイツリーには法隆寺の五重塔と同じように心柱を用いた制振技術が使われています。

▼夜のスカイツリー
スカイツリー

1300年前の技術が現在にも活かされているなんて、なんだか不思議な気持ちになるのと同時に、昔の人々の技術力の高さにも驚かされます。

▼朝のスカイツリー
スカイツリー

また、奈良県大淀町にはこのようなものもあります!!
>>大淀町のスカイツリーを見学してきました!(大淀町)

浅草寺

続いて前から行ってみたいと思っていた「浅草寺」へ。

▼浅草寺表参道の仲見世
浅草

日本であって日本でないような。一瞬どこか別のアジアの国へ旅行へ出かけたような気分になる不思議な空間が広がっていました。

▼宝蔵門
浅草

残念ながら、あの有名な雷門は工事中だったのですが宝蔵門も立派な建物でした!中には東大寺南大門と同じポーズの仁王像が安置されていたのですが、仁王像のこのポーズって南大門のものより以前からあるものなのでしょうか?
う〜ん。個人的に気になるので調べてみよう。

▼人形焼きと五重塔!
人形焼 浅草

浅草の人形焼屋さんで一番古くて元祖だという「木村家人形焼本舗」さんで人形焼を購入!
食べ歩きに1つ買おうと思ったのですが、4つからの販売とのことで4つ購入。型は五重の塔・雷様・提灯・鳩。

▼沙羯羅(さから)
浅草

浅草寺境内を散策していると沙羯羅を発見!興福寺の沙羯羅像より大分大人びた印象ですね〜。

浅草花やしき

浅草寺を抜けて「浅草花やしき」へ。
花やしき

入場料は大人1000円で、中のアトラクションを楽しむには別途料金が必要です。
1853年開園で日本最古の遊園地というだけあって、かなりノスタルジーな雰囲気が漂っています。大人が楽しむとうよりは子どもさん向けのアトラクションが多いので、親子連れの方がほとんどでした。

▼屋上からの展望
花やしき

ちなみに国内現存最古の大型遊具は生駒山上遊園地にある「飛行塔」です。
まだ乗ったことはないので、今度行ったら挑戦してみます!

東京観光その他の写真


▼スカイツリーが見えるオシャレなホテルにて朝食。
one@tokyo

▼海外の方が多いので洋風バイキングでした。
one@tokyo 朝食

▼雷門の提灯の底
浅草 雷門

▼新旧塔の共演!スカイツリーと五重塔
浅草
浅草

▼テレビでよく見るやつ!
浅草
浅草

▼お昼ご飯はもんじゃ焼き
もんじゃ焼き

▼東京タワーを見るのは中学校の修学旅行以来でした。
東京タワー

そして新幹線で奈良へ帰宅。
東京へ来たので芸能人の方にどこかで会わないかな〜と思っていたら、なんと!新幹線で隣の席がお笑い芸人のデニス植野さんでした!!

小心者でお声がけできなかったことだけが心残りです。
関連記事

SHARE

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。