まいにち奈良づけ♪

奈良の話題を中心に、日々の出来事や制作の事などを気ままに綴っています♪奈良好きの方大歓迎です!
MENU

奈良まほろば館in東京

0   1

国宝阿修羅展へ行った帰り、せっかく東京まで来たからには、ここに行かねば!と日本橋の三越前にある「奈良まほろば館」へ行ってきました。
よく目立つ赤色を基調とした建物に、奈良を代表する興福寺の阿修羅像と鹿の姿が美しい。(阿修羅像は手前に。鹿はこの角度では見えにくいですが、奥のガラス部分に描かれています。)

奈良まほろば館入口

閉館15分前だったのでかなり慌てていたのですが、館内の様子も何とかカメラに収めることが出来ました。
「興味はあるけど、わざわざ東京まで見に行くのはちょっと…。」という方も多いと思うので、今回はまだ行ったことがない方の為に、なるべく写真を多めに使って紹介していきたいと思います!(これまた今年の6月の事なので、現在の「奈良まほろば館」は色々変わっているかもしれませんが…。当時の雰囲気だけでも味わっていただければと思います。)

■ちなみに、奈良まほろば館とは・・・■奈良まほろば館
代官山iスタジオに代わって、2009年4月4日に東京・日本橋に新たにオープンした奈良県のアンテナショップです。来年開催される「平城遷都1300年祭」や県内各地の観光情報を発信中!その他にも、奈良県の名産品販売コーナーや、奈良県にちなんだイベントやセミナー、講演会が実施されるホールもあります。また、奈良の大和茶をたのしむカフェも併設されています。


入り口には付近には、お馴染みのせんとくん人形が置かれています。周りには写メールを撮る人や一緒に記念撮影する人など、せんとくんは東京でも人気者!?あまり知らなくても前を通るとついつい見てしまう…!やはりインパクトは大の様です。
そんな事を考えながら、じーっとせんとくんを見つめていると、「ささ、そんなところにいないで、どうぞ中へ。」と声が聞こえた様な気がしました。(ちょうどポーズもそんな感じだし…って、かなり重症!?)さっそくお言葉に甘えて(?)中へ…。

中に入るとすぐ左手にカフェスペースが見えます。先ほども書きましたが、ここでは奈良名物の柿の葉寿司や大和茶などを味わうことが出来ます。大和茶に柿の葉寿司…。わざわざ東京で食べなくても、奈良でも食べられるのですが、一度はここでお茶してみたいですね。
…けれどこの日は時間も限られていたので、結局諦めて他の場所を見て回る事にしました。今度またここに来る機会があれば、もう少し時間に余裕を持って行きたいと思います。

奈良まほろば館

▼先程写真を多めにと宣言したので、帰りに撮った別角度の写真も載せておきます。
奈良まほろば館カフェスペース

▼こちらのカフェメニューは以下のとおり(2009年9月現在)
柿の葉寿司セット(980円) [柿の葉寿司5個、奈良漬け、お菓子 奈良のほうじ茶]
柿づくしセット(780円) [柿の葉寿司2個、柿のお菓子2種、奈良のほうじ茶]
極上大和茶セット(700円) [お急須出し 極上大和茶、季節の和菓子]
お抹茶セット(700円) [お抹茶、季節の和菓子]
利き酒セット(800円) [奈良の地酒3種、小鮎の甘露煮、奈良漬け、柿の葉寿司1個]
※営業時間は10:30~19:00(ラストオーダー18:30)です。


奈良まほろば館カフェの反対側(入り口を入って右側)はこんな感じです→
写真を縮小したので迫力が半減してしまいましたが、実際目の前に立つと圧倒されるような大きさです。いや~、いいですね!来年の1300年祭に向けての想いがひしひしと伝わってきます^^
このマークは「平城遷都1300年記念事業」のシンボルとして生まれたもので、世界の多くの人々を招き入れる温かい掌 “WelcomeHand” です。同時にこの掌には文明を伝えた手、異文化を受け入れる手、数々の建造物や国宝を作り出した先人たちの手…1300年の時の遺産を紡いできた悠久の手という意味が込められています。
また、奈良の大仏として有名な毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)等が形作っている手の印、施無畏印(せむいいん)がモチーフにされています。
※ちなみに施無畏印とは・・・手を胸の前に上げ、掌を正面に向けた印で、人々の恐れを取り除くことを表しています。つまり「安心してください。大丈夫ですよ。」という事を、この印を通して私たちに伝えているのです。
それから、くるくると渦を巻いた模様は、文化交流の象徴「唐草模様」をイメージして描かれたものだそうです。

▼このマークの隣には奈良関連のパンフレットがズラリ。奈良の駅や観光案内所によく置かれている様なものです。
奈良まほろば館

▼そして、このパンフレット群の反対側には名産品販売コーナーがあります。
奈良まほろば館

こちらの様子はまた後で紹介するとして、まずは販売コーナーの横の通路を真っ直ぐ奥に進んでみます。

奈良まほろば館

ゆるいカーブを曲がった先には仏像写真のパネル展示や模型の展示がされています。展示物等は時期によって変わると思いますが、この日は法隆寺をテーマにした展示がなされていました。

▼こちらは法隆寺にある夢殿(ゆめどの)の模型。
奈良まほろば館

▼更にその奥には、6月ということもあってか、あじさいを中心とした花の展示が行われていました。訪れた方が一息つける様にでしょうか?休憩スペースも兼ねているのかベンチが置かれていました。
奈良まほろば館

奥まで来たので、引き返して先程の名産品販売コーナーに入っていきます。

▼こちらは店の奥から入り口の方へ向かって撮影したものです。
奈良まほろば館

▼そして今度は逆側からも…。手前に少しだけ見えるのはせんとくんグッズコーナーですね。
奈良まほろば館

▼販売されているものは、お茶や、葛、柿を使った製品、おかき、奈良漬、お酒、三輪そうめん、化粧品、工芸品等々……。奈良で見慣れたものばかりですが、ここは東京なんだなあ…と思うと何だか不思議な感じがします。
奈良まほろば館

▼他にはバックや財布、ポストカードやクリアファイル等の仏像関連のグッズも販売されています。興福寺のお土産など、一つのお寺にスポットを当てた商品の販売もされているようです。また「奈良まほろば館」の公式HPでは、今月の目玉と題して、毎月季節ごとのおススメ商品なども紹介していますので、行かれる方はそちらも参考にしてみてはどうでしょうか?
奈良まほろば館

そろそろページが重くなってきてしまいましたが、このまま二階へ行きます!(携帯電話で見られている方は、もしかしたら写真が全部表示されていないかもしれません…;)
※二階へ行くにはエレベーターもあるので、お年寄りや足の不自由な方でも安心ですよ。

奈良まほろば館

こちらでは展示のほかに、「奈良をひもとく講座」や「南都法話会」などの奈良を楽しく学ぶ講座に加え、日本橋を知る「日本橋楽学講座(全8回)」等も行われています。その他講座や、イベント情報はこちらを参考に。
二階へ上がったのは閉館間際だったので、人の気配もなく、もちろん講座などもなく、少し殺風景な印象でした。部屋の真ん中に、空いたスペースを埋めるようにパンフレットが置かれていましたが、他の場所に置かれているものと被っているものもあったりしたので、このスペースをもっと上手く使えないかなあ…と思ったりしました。…が、本来はセミナーや講演会用のホールなので仕方ないかな?

▼部屋の左側は映像を観賞するコーナーに。この日は伝統工芸か何かの映像だったと思います。
奈良まほろば館

▼右側はパンフレットスペースになっています。せっかくなので東京阿修羅展のパンフレットを頂きました。(これって奈良でももらえる…?まあ、いいや。)
奈良まほろば館

そして閉館時間に。お店の方が店じまいの準備を始めたので急いで出口へ。
そしてもう一度外観の写真をパシャリ!二階から階段を下りると写真右手の別の出口から出る事も出来ます。この記事の一枚目の写真では見えにくかった鹿さんも、この角度からだとまだ見やすいですね。
奈良まほろば館
帰りはせっかくなので、ここからぶらぶら歩いて日本橋を渡り、東京駅を目指すことにしました。

▼日本橋の上から奈良まほろば館方面へ向かって撮影。
日本橋

時間に追われながらでしたが、中々楽しい時間が過ごせました♪東京にいながらにして、奈良の空気を味わうというのもいいものですね^^魅力的な講座も沢山開催されているようなので、そちらも機会があれば是非参加してみたいものです。


★奈良まほろば館の情報★
●電話:03-3516-3931
●FAX:03-3516-3932
●住所:東京都中央区日本橋室町1丁目6番2号 日本橋室町162ビル1F・2F
●開館時間:10:30~19:00
●休館日:12月31日~1月3日
●HP:http://www.mahoroba-kan.jp/index.html
●地図:Googleマップへ飛びます!

たびけん!というサイトで奈良まほろば館の特集が組まれていました。こちらのページも参考にどうぞ!

■追記■
奈良まほろば館のHP上のコーナー「せんとくんが見た東京」を見ると、やはり6月からは色々と様子が変わっている様です。建物のフィルムが阿修羅像から金剛力士像に変わっていたり、カフェメニューに三輪そうめんセットが追加されたり…。ちなみに現在は、館内で「信貴山展」を開催している様です。その他、現在の奈良まほろば館の様子はこちらのコーナーを参考にしてみて下さい!せんとくんが中々可愛いです。
関連記事

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mahono28.blog.fc2.com/tb.php/441-c4e42de4
仏像 販売 ガール
仏像、仏画 インテリア・寝具・収納具『D&D』通信販売人気NO.1ダイエットサプリメント 『D&D』通信販売人気NO.1ダイエットサプリメント【@チョイス】 体内酸素を増やしてガンガン燃焼!目指せ!-10kg! 【全国百貨店発売中】体内酸素を増やしてガンガン
該当の記事は見つかりませんでした。