まいにち奈良づけ♪

奈良の話題を中心に、日々の出来事や制作の事などを気ままに綴っています♪奈良好きの方大歓迎です!
MENU

【大和しうるわし】洞川八幡宮(天川村)

0   0

洞川の氏神さま

洞川八幡宮

天智天皇6年(667)に、役小角が祭祀したと伝えられている「洞川八幡宮」。以来洞川の氏神さまとして宮参りや厄年参りなど永く人々に親しまれているそうです。

樹齢千年を越えるという杉やケヤキの大木が林立する中にひっそりと佇んでいます。
等身大だという馬の像が印象的でした。

この近くには観光スポットにもなっている「面不動鍾乳洞」があります。
鍾乳洞まで続くトロッコがこちらに到着するのを待ちながら、しばらく境内を散策しました。





いつも記事を書くと写真と文章が多くなりがち(その為に更新が滞り気味)なので、【大和しうるわし】と題して "1枚の写真(もしくはイラスト)と少しの文章" だけの記事もこれから書いていこうかと思います。


大和しうるわし…

奈良の"美し"を沢山見つけてゆきたいです。
関連記事

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mahono28.blog.fc2.com/tb.php/90-0ac59408
該当の記事は見つかりませんでした。